UQ mobile、通信速度が速くお得なセットプランもある。内容と料金を解説

シェアする

uqmobileはお客様満足度90%以上

UQ mobile」は、UQコミュニケーションズ株式会社が運営するモバイル通信サービスです。元の会社が、WiMAX(ワイマックス)のUQコミュニケーションズと吸収合併したため、連携したサービスが期待されています。

UQmobileは、KDDIグループという理由から必然的にau回線だけを利用しています。ドコモ回線用の白ロムとは互換性がないため注意が必要です。仮にSIMロック解除してもVoLTE対応でないと電話に使えません。

その他、UQmobileのメリットと思われる要素は以下のようになります。

  • 通信速度はMVNOの中でも最速クラス
  • auのスマホが使える
  • データ無制限が安い
  • ちょっとお得なセットプランがある
  • データSIMはSMS付きで最安値クラス
  • ターボ機能など必要な機能が揃っている

では、UQmobileのSIMプランや各機能、サービス内容について具体的に解説します。

UQmobileの基本情報

最安プラン 980円(データSIM)
3GBプラン 1,680円(通話SIM)
回線 au
ターボ機能 あり
データ繰り越し あり
格安通話 30分無料通話(ぴったりプラン)
シェアSIM
解約手数料 通話SIM(12ヶ月間、9,500円)
支払い方法 クレジットカード

データ通信量を効率的に使える「ターボ機能」や「データ繰り越し」にも対応してます。UQmobileは、数少ないau回線を使ったMVNOです。どうしてもau回線用の白ロムを利用したい人には数少ない選択肢になります。

「ぴったりプラン」は30分間の無料通話がセットになったプランです。「たっぷりオプション」を付けると無料通話時間が60分間になります。

UQ mobile 公式サイト

料金・サービス内容の詳細

各種料金表

月額料金
データSIM 通話SIM 最大通信速度 通信制限
3GB 980円 1,680円 下り150Mbps
上り25Mbps
200kbps 
データ無制限 1,980円 2,680円 低速500Kbps
セットプラン料金
通信容量 通話時間 料金 最大通信速度 契約期間
ぴったりプラン 1GB 30分 2,980円 下り150Mbps
上り25Mbps
24ヶ月
たっぷりオプション 3GB 60分 3,980円

※利用開始月の料金は日割りになります。

容量追加オプション
データチャージ 100MB 500MB
料金 200円 500円
備考 有効期限90日
電話オプション
料金
[電話基本パック]
留守番電話
三者通話
迷惑電話撃退
380円
キャッチホン LTEプラン:無料
VoLTEプラン:200円
その他の料金
SIMパッケージ代金 3,000円
SIMカード再発行手数料 3,000円
MNP転出料 3,000円

※価格は税抜きです。

データSIMには、SMS機能が標準で付いています。他の事業者だと120円~150円ほど追加料金が必要なので、SMS付きで比較すると「3GBプラン」は最安値クラスになります。

電話のサービスは、留守番電話・3者通話・迷惑電話撃退の3つがセットになっています。

3者通話は、3人同時に電話が出来るサービスです。

キャッチホンサービスは、LTEプランの場合だと申し込み不要で無料ですが、VoLTEプランの場合だと月額200円必要になります。

容量追加のデータチャージは、追加した分の容量が残っている状態で追加購入すると、有効期限は残っている分も含めて90日になります。

UQ mobileの基本プランはシンプルに3種類

UQmobileのプランは、3GBの「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」の2つに電話機能付きの「データ高速+音声通話プラン」と「データ無制限+音声通話プラン」と、無料通話がセットになった「ぴったりプラン」です。

VoLTE対応のマルチSIMは、「データ高速プラン(V)」と「音声通話プラン(V)」「データ無制限プラン(V)」とプラン名にVが付きます。

「UQ mobile」のデータSIMプランはSMS機能がセットになっています。

データ高速プラン」はSMS機能が付いた料金で比べると、業界最安値の「DMM mobile」より安く、同じau回線対応の「mineo」に次ぐ安値になっています。

「データ無制限プラン」は、500kbpsで利用可能です。低速度の部類ですが、通信制限された時の200kbpsだと動画の視聴が難しいのに対して、500kbpsだと360p以下の動画を見れる速度なので利便性に大きな違いがあります。

ぴったりプラン」は、1GBのデータ容量と30分の無料通話がセットになったプランです。実質0円のスマホとセキュリティツール等のアプリもセットになっているので、条件を満たす人はお得です。詳しくは別項目で説明します。

おしゃべりプラン、ぴったりプランの詳細

UQmobileには、大手キャリアと同様の無料通話込みのプランがあります。

無料通話の内容は、おしゃべりプランとぴったりプランの2タイプから選択できます。

おしゃべりプランは、1回の通話時間が5分と限られますが回数に制限はありません。

ぴったりプランは、1ヵ月のトータル通話時間が60分、120分、180分のいずれかまでなら追加料金がかかりません。

※ぴったりプラン・たっぷりプランの仕様が変更になっています。

データ容量 おしゃべりプランの通話時間 ぴったりプランの通話時間 料金
プランS 2GB 最大60分 1回5分以内、回数無制限 1,980円
プランM 6GB 最大120分 2,980円
プランL 14GB 最大180分 4,980円

上記のプラン内容には注意点があります。

まず、料金は13ヵ月間だけ1,000円割引きになっています。14ヵ月目以降は、それぞれ2,980円、3,980円、5,980円と値上がりします。

次にデータ容量は、25ヵ月間だけ2倍になっています。26ヵ月目以降は、それぞれ1GB、3GB、7GBに減ります。

さらに、おしゃべりプランの通話時間も、25ヵ月間だけ2倍になっています。26ヵ月目以降は、それぞれ30分、60分、90分に減ります。

料金は1年間だけ1,000円割引き、データ容量と通話時間は2年間だけ2倍になっている点を考慮する必要があるという事です。ぴったりプランの通話時間は変わりません。

3日間の通信制限

3日間に利用したデータ容量が6GB以上になると低速の200kbpsになります。

高速通信プラン(3GB)の場合、データ容量の残りが500MBか、上限に達するとメールで知らせてくれます。

この制限のために、無制限プランでも実質1ヵ月当たり60GB程度だけ500kbpsの速度で利用できることになります。

データ容量の節約が可能になるターボ機能

UQ molibeのターボ機能

ターボ機能OFF ターボ機能ON
3GB 200kbps 150Mbps
データ無制限(データチャージ利用時) 500kbps 500Kbps
ぴったりプラン 300kbps 150Mbps

ターボ機能」は、通信データ速度を高速と低速に切り替えられる機能です。

「UQ mobileポータルアプリ」で、高速モードと節約モードの切り替えが可能で、ウィジェットに設置するとアプリを開かなくても簡単に切り替えられます。

高速モードだと高速通信になりデータ容量を消費しますが、節約モードだと低速通信になりデータ容量が消費されません。

3GBのデータ容量は、音楽配信や動画の垂れ流し、容量の大きいアプリのダウンロードなどうっかりすると、あっという間に使い切ってしまいます。

データ容量を使いきっていますと、翌月まで低速通信状態で我慢するか、データチャージで追加しなくてならないので、不便だったり出費が増えたりします。

低速でも問題ない音楽配信や、LINE、Twitter、メールなどは、節約モードにすると、必要な時に高速通信が使えるでしょう。

「3GBプラン」は、節約モードだと200kbps。「ぴったりプラン」は、高速モードだと300kbps。「データ無制限プラン」もデータチャージで高速通信が利用出来ますが、データ無制限なので節約モードだと通常時500kbpsに戻るだけです。

ターボ機能について解説

余っても無駄にならないデータ容量繰り越し

UQ molibeのデータ容量繰り越し

使い切らずに余ったデータ容量を翌月に持ち越すことができます。

ネットで高速通信をあまり利用せず、データ容量を余らせても消滅することはなく、翌月に持ち越して上乗せされ利用できます。

持ち越した分から優先的に消費するので、翌月分のデータ容量を温存する事もできます。

有効期限は翌月末なので、持ち越し分を使い切らなかった場合は消滅します。

ターボ機能を有効に使って、データ容量を余らせると翌月は余裕が出来ますね。

⇒ データ繰り越しについて解説

UQ mobileの通信速度は最強?

MVNOは、キャリア3社から通信網を借りているので、混雑時は通信速度が不安定になることがあります。特に利用者の多い日中に大きく通信毒度が低下しがちです。

MMD研究所の調査によると、UQmobileは日中を含めて1日中安定して速いです。常時数Mbpsもあると動画の視聴もスムーズにできます。

MMD研究所より

MMD-20150423

特に日中の抜群の安定感は、他社にはない快適さがあります。

プラチナバンドの人口カバー率99%以上

UQmobileは、auの800MHz(4G LTE)プラチナバンドを利用しているため、人口カバー率が99%以上と繋がりやすくエリアも広いです。

プラチナバンドは、遠くまで届きやすく、コンクリートを通りやすいので、壁などの障害物に強く建物内の利用でも安定して繋がります。

VoLTEに対応

au回線を使った音声通話の3GはCDMA2000ですが、対応しているSIMフリー端末は少ないです。利用できるスマホが少なかったのがデメリットでしたが、VoLTE対応端末も選択肢に入ってきます。

auのキャリア端末も3G方式を廃止して、VoLTE対応のみに方針を変えています。これによりUQmobileでもauの新しい白ロムや今後増えていくVoLTE対応スマホも使えるようになるでしょう。

au回線に対応した端末

 ASUS ZenFone 3(ZE520KL)
価格(税込) OS ディスプレイ
42,984円 Android 6.0.1 5.2インチIPS液晶  
解像度 SoC RAM/ROM
1920×1080  Snapdragon 625 3GB/32GB 
外側/内側カメラ バッテリー容量 高さ×幅×厚さ
1600万/800万画素  2,650mAh 146.8×73.9×7.69mm
本体重量 本体カラー その他
144g ブラック/ホワイト/ゴールド  DSDS/au VoLTE/指紋認証
  • プランS:32,184円(税込)
  • プランM:21,384円(税込)
  • プランL:21,384円(税込)
 ASUS ZenFone 3 Deluxe(SZ550KL)
価格(税込) OS ディスプレイ
60,264円 Android 6.0 5.5インチIPS液晶 
解像度 SoC RAM/ROM
1920×1080  Snapdragon 625 4GB/64GB 
外側/内側カメラ バッテリー容量 高さ×幅×厚さ
1600万/800万画素  3,000mAh 151.4×76.7×7.8mm
本体重量 本体カラー その他
160g シルバー/ゴールド  DSDS/au VoLTE/指紋認証
  • プランS:49,464円(税込)
  • プランM:38,664円(税込)
  • プランL:38,664円(税込)
 FUJITSU arrows M03
arrows-m03-front 価格(税込) OS ディスプレイ
41,904円 Android 6.0 5.0インチIPS液晶 
解像度 SoC RAM/ROM
1280×720 Snapdragon 410 2GB/16GB
外側/内側カメラ バッテリー容量 高さ×幅×厚さ
1310万/500万画素 2580mAh 144×72×7.8mm
本体重量 本体カラー その他
141g ブラック/ホワイト/
ピンク
au VoLTE/防水/防塵/ワンセグ
  • プランS:31,104円(税込)
  • プランM:20,304円(税込)
  • プランL:20,304円(税込)

「arrows M03」いずれも国内メーカー産です。防水防塵に対応、おサイフケータイ付きという点も同じになっています。

性能的には全く同じですが、「arrows M03」は、OSがAndroid6.0でワンセグも搭載しています。

この他のスマホをUQ mobileで使うには注意する点があります。

au回線を利用するため、CDMA2000もしくはVoLTEに対応していないと電話を利用できません。

最も確実なのは、SIMフリー版のiPhoneです。iPhoneは、全キャリアに対応しているので、迷わず使えます。

次にauで販売されているスマホです。自分で使っていた物はもちろんですが、中古のいわゆる白ロムと言われていスマホも利用できます。

ただし、Xperia Z4 SOV31のようなau用のスマホでも、VoLTE対応だとSIMロック解除する必要があります。(Xperia Z4 SOV31は、3万円前半で購入できるのでお勧め)

データ通信だけで良いなら、SIMロック解除済みのドコモとソフトバンク用のスマホも、SIMロックされたau用のスマホでも利用できます。ただし、ドコモとソフトバンク用は対応バンドが合わない場合もあり、繋がりやすさに影響します。

SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧(au公式サイト)

また、白ロムを購入する際は、SIMロック解除可能期間(前所有者が購入してから半年以降)に注意する必要があります。スマホの製造番号(IMEI)が分かるとキャリアの公式サイトで確認できます。

UQ mobileの評価

UQmobileは、3GBと無制限のほぼ2択で大容量プランはありません。3GBは他社でも利用者がもっとも多いプランなので一般的なスマホ使いにはちょうど良いと思います。無制限プランは3日間の通信制限があるので微妙に使いにくいかもしれません。

MVNOの中でも特に通信速度が終日安定しているので、不安定なのが嫌な人は候補に入れても良いと思います。いくら安くても繋がらなかったら意味がないですからね。

またVoLTEにも対応した事で、今後は利用できるスマホも増えてくると思います。

さらに「ぴったりプラン」は、大手キャリアが行なっていた2年縛りスマホ実質無料と同じ制度ですが、UQmobileを利用し続けたい人は、お得なプランになるので検討してみても良いと思いますよ。

⇒ UQ mobile、契約完了までの流れを画像付きで解説

UQ mobile 公式サイト

関連記事