「白ロム」とは?中古スマホを手に入れる上での注意点について解説!

シェアする

新たにスマホを入手する方法に中古スマホの購入があります。

中古なら、新品より安くキャリアで売っているスマホを買えますよね。

特にXperiaの上位機種にSIMフリー版はないので、どうしても欲しかったら、キャリアで購入するか中古しかありません。

いざ中古スマホを購入しようと調べていると、「白ロム」という言葉を見かけます。

白ロム?

白くないロムもあるのでしょうか?白くないとどうなるのか気になります。

そんな「白ロム」や中古スマホの注意すべき点について調べてみました。

それは「白ロム」と呼ばれる

白ロム」は、電話番号やメールアドレスなどの契約者情報を消去した携帯電話端末です。

SIMカードを使わない携帯電話などは、機器内のROM(ロム)に直接契約者情報を書き込んでいるため、手放す時に個人情報を消去します。

個人情報を完全に消してROMが真っ白になるため「白ロム」と呼ばれています。

現在のスマートフォンや携帯電話にはSIMカードが使われているため、内部に個人情報を書き込むことはありません。しかし白ロム=中古携帯電話と思われているので、SIMカードを抜いた中古のスマホも「白ロム」と呼んでいます。

逆に契約者情報が書き込まれた携帯電話を「黒ロム」と呼ぶこともあります。

また、一般的に「白ロム」はドコモやau、ソフトバンクのようなキャリアで購入したスマホなどの事を指します。SIMフリースマホの中古を白ロムと呼ぶことはないと思います。

「SIMフリー」についての記事も参考にしてください。

白ロムの注意点について

白ロムを使う上でいくつかの注意点があります。

まず、「SIMロック」された状態だと使えない場合があります。

キャリアで販売しているスマホは、SIMロックといって、他社では使えないような細工がされています。

例えば、ドコモで購入したiPhoneに、ソフトバンクのSIMカードを刺しても使えません。

SIMロックを解除すると基本的に他社でも使えますが、それでも問題があります。

ドコモとソフトバンクは同じ電話回線の規格(W-CDMA)なので、SIMロック解除するとどちらでも使えます。

しかし、auだけは違う規格(CDMA2000)なので、ドコモ・ソフトバンクと互換性がありません。

白ロムを購入する時は、SIMロック解除しているのか?ドコモ、au、ソフトバンクのどれなのか?をチェックする必要がある訳です。

実はSIMロック状態でも条件次第で使えます。

それは、スマートフォンの対応回線とSIMカードの回線が同じ場合です。

例えば、ドコモのスマホなら、ドコモやドコモ回線を利用しているMVNOで使えると言う事です。

現在、格安SIMと言われるMVNOのほとんどがドコモ回線になっています。

au回線を使っているのは、「mineo(マイネオ)」と「UQ mobile」だけなので、auのスマホを使いたかったら間違えないようにしてください。

ソフトバンク系は、同系列の「Y!mobile(ワイモバイル)」しかないので、ソフトバンクのスマホを他の格安SIMで使いたかったら、SIMロック解除が絶対条件になります。

最も気を付ける必要があるものに「赤ロム」があります。

前の所有者が料金未納のままスマホを手放すと、携帯キャリアは利用できないように特殊なロックをかけます。

このロックがかかると、画面に赤いマークが出るため「赤ロム」と呼ばれています。

赤ロムのロックは、基本的に解除できない上に、キャリアショップに持っていっても不正端末として取り上げられる様なので、入手してしまったら諦めるしかありません。

ただ、真っ当な中古ショップなら、チェック済みのスマホを販売しています。赤ロム補償を実施しているショップもあるので心配はないと思います。

赤ロムをもっとも気を付けるべきは個人売買ですね。ネットオークションでの購入は保証できないので注意しましょう。

購入前製に造番号が分かれば赤ロムかどうか、ドコモなどの専用ページでも確認できます。

購入する前に中古ショップに希望する商品の製造番号をたずねてください。

docomoネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト

auネットワーク利用制限携帯電話機照会

SoftBankネットワーク利用制限携帯電話機の確認

この他には、SIMカードのサイズも気を付ける点ですね。

SIMカードのサイズは、「標準、micro(マイクロ)、nano(ナノ)」の三種類があり大きさが違うと利用できないので、自分が使うSIMカードとスマホのSIMカードスロットを合わせる必要があるので注意してください。

まとめ

格安SIMに使うスマホには、SIMフリー以外にも「白ロム」と呼ばれる携帯キャリアから流れてきた中古も選択肢になるということが分かりました。

iPhoneはSIMフリー版もありますが、XperiaのナンバリングやGalaxyにはSIMフリー版がないので、中古の白ロムを購入する人も多いでしょう。

ハイエンドクラスが新品より安く手に入るのは有り難いですよね。

しかし「赤ロム」を掴まされると大損ですから、購入先には気を付けましょう。