エキサイトモバイルの18段階従量制は使った分だけ支払える。料金と内容を解説

シェアする

excite-mobile-top

exciteモバイル(エキサイトモバイル)は、検索エンジンやBB.excite、エキサイトブログなどで有名なエキサイトが運営するモバイル通信サービスです。

bb.exciteモバイルLTEを展開していましたが、6月に新規申込を打ち切っているので、今後はエキサイトモバイルに力を入れていくのでしょう。

再始動として導入した気合の入ったプランが最高17段階の従量制です。1GB刻みで最高15GBまで利用できます。b-mobileなど他にも段階従量制はありますが、ここまで小刻みなのはないです。

その他にもエキサイトモバイルにはいくつものメリットがあります。

  • 使っただけ支払えば良い従量制がある
  • 月額料金が安い
  • 容量を効率的に使えるデータ繰り越しとターボ機能がある
  • 低速でも快適になるバースト転送機能がある
  • 大容量20GBが安い
  • 家族で使うならシェアSIMがお得
  • 即日MNPが出来る

エキサイトモバイルの珍しい従量制や便利な機能など詳しく解説します。

エキサイトモバイルの基本情報

最安プラン 500円(データSIM)
3GBプラン 1,680円(通話SIM)
回線 ドコモ
ターボ機能 あり
データ繰り越し あり(定額プランのみ)
バースト転送 あり
格安通話
シェアSIM あり
解約手数料 通話SIM(12ヶ月間9,500円)
支払い方法 クレジットカード

NTTドコモの回線に対応しているので、エリアも広くFOMAプラスエリアやプラチナバンドに繋がります。

データ繰り越しは定額プランだけ対応しています。ターボ機能やバースト転送機能は、最適料金プアンと定額プランどちらも対応しています。

通話SIMの契約期間は、利用開始月の翌月から12ヶ月間になっています。

エキサイトモバイル 公式サイト

料金・サービス内容の詳細

エキサイトモバイルの各種料金表

最適料金プラン(データSIM)
1枚コース 3枚コース 4枚コース 5枚コース
低速通信 500円
~100MB 1,050円  1,440円 1,830円
~500MB 630円 1,100円  1,490円 1,880円
~1GB 660円 1,180円  1,570円 1,960円
~2GB 770円 1,340円  1,730円 2,120円
~3GB 880円 1,550円  1,940円 2,330円
~4GB 1,150円 1,780円  2,170円 2,560円
~5GB 1,450円 1,890円  2,280円 2,670円
~6GB 1,600円 1,950円  2,340円 2,730円
~7GB 1,900円 2,100円  2,490円 2,880円
~8GB 2,120円  2,190円  2,580円 2,970円
~9GB 2,200円  2,380円  2,770円 3,160円
~10GB 2,380円  2,540円 2,930円 3,320円
~11GB 2,830円 3,220円 3,610円
~12GB 3,100円 3,490円 3,880円
~13GB 3,450円 3,840円 4,230円
~14GB 3,790円 4,180円 4,570円
~15GB 3,980円 4,370円 4,760円

※SMS機能付きは140円プラス、通話SIMは700円プラス。

※データ繰り越しはありません。

定額プラン (データSIM)
1枚コース 3枚コース 4枚コース 5枚コース
1GB 670円 1,260円
2GB 770円 1,450円
3GB 900円 1,680円
9GB 2,250円 2,460円 2,850円 3,240円
20GB 4,750円 5,180円 5,570円 5,960円
30GB 6,980円 7,480円 7,870円 8,260円
40GB 9,980円 10,280円 10,670円 11,060円
50GB 13,800円 14,180円 14,570円 14,960円

※SMS機能付きは140円プラス、通話SIMは700円プラス。

※3枚コースでSIMカードを追加すると、月額390円/枚プラスになります。

※SIMカード4枚目、5枚目の追加は、9GB以降可能で月額390円/枚プラス。

容量追加オプション
追加容量チャージ 1GB
価格 580円

※追加容量チャージの有効期限は、購入月の末日です。

電話オプション
留守番電話 350円
キャッチホン 250円
その他の料金
新規契約手数料 3,000円
SIM追加手数料
SIM再発行
SIMサイズ変更
SIM交換
3,000円
MNP転出料 3,000円

※価格は税抜きです。

1GBと小刻みに通信容量と料金が上がる段階従量制が特徴的です。毎月スマホを使う量に差があり過ぎる人には最適なプランになると思います。

最適料金プランを解説

段階従量制になった珍しいプランです。他社だと、U-mobileが2段階、b-mobileのおかわりSIMが5段階ですが、エキサイトモバイルは、低速通信から、高速通信15GBまで18段階に分かれています。

実際には、SIMカード1枚が低速通信から10GBまで12段階で、SIMカード3枚~5枚が100MBから15GBまで17段階になっています。

段階従量制は、規定の通信容量を超えると料金も自動的に上がるようになっています。例えば、月の消費容量が500MB超から1GBの間だと660円だけ支払う事になります。

料金的に得するのかですが、1GB未満だとDMM mobileが480円だから、1GB以上利用しない人はエキサイトモバイルを選択する必要はないと思います。

2GB以上になると大差ないので、毎月いくら使うか分からない人は、上手く使うと無駄がないかもしれません。

しかし、最適料金プランはデータ繰り越しに対応していないので、利用の仕方によっては少し無駄が出る可能性もあります。

もう一点、うっかり使い過ぎると思わぬ料金を取られる可能性があるという事です。例えば、アプリをダウンロードしまくったり、長時間動画を見たりすると、あっという間にギガ単位で消費します。

使い方に気を使うプランでもあります。

低速通信を利用する場合の注意点

低速通信で使い続ける事も出来ますが、注意が必要になります。

まず、SIMの初期設定は高速データ通信になっているため、このままSIMカードを刺して使い始めると、高速通信容量を消費した事になり、500MBまでの600円の料金になります。

低速通信で使いたい人は、SIMカードを刺す前にWi-Fiなどで、エキサイトモバイルのマイページにアクセスして、高速データ通信をオフにする必要があります。

ただ、低速通信の料金は、DMM mobileが440円と安いので、エキサイトモバイルで低速通信だけ使い続ける人はいないでしょう。

あくまでも初っ端から通信容量を消費したくない人向けの方法です。

定額プランを解説

一般的な通信容量が固定されたプランです。

最適料金プランより微妙に高いようですが、データ繰り越しに対応しているので、無駄なくきっちり使い切ることが出来ます。

どの通信容量も最安値クラスですが、大容量20GBはDMM mobileより200円以上も安く業界最安値になっています。そもそも20GBもの大容量を用意している会社自体がほとんどないですが。

さらに、30GB、40GB、50GBの特大容量も追加されたので、たっぷり使いたい人にはお勧めです。

月に1回プラン変更が可能

毎月、プラン内容を変更することが可能です。月末の2日前までの変更手続きをすると翌月から変更されます。

プランの変更は、定額プランのデータ容量を変えるだけでなく、最適プランと定額プランの間でも可能なので、どちらが自分に合っているか試しに利用してみるのも良いと思います。

SIMをシェア出来る

3枚コースに申し込むと、最大5枚までシェアできます。3枚までは、SIMカードの追加料金は必要ありませんが、4枚目と5枚目を申し込む場合、SIMカード1枚につき3,000円のSIM追加手数料が必要です。

定額プランは9GBと20GBだけ、4枚目と5枚目を追加できます。

4枚目と5枚目を追加すると、1枚につき月額390円が必要になります。

また、2枚目以降のSIMにも140円でSMSや、700円で電話機能を付ける事が出来ます。

3人までなら、2人分の初期費用が必要ないので6,000円得になります。1枚コースとの差額を考慮しても短期的には安く済みます。

2人で分け合っても、3人で分け合っても、料金的に損も得もしない設定になっているようです。個人によって使う量にばらつきがある家族同士で利用する事をお勧めします。

3日間の通信制限は低速時のみ

高速データ通信容量を使い切ると、翌月まで200kbpsに落とされます。

その他にも3日間の通信制限があります。低速通信の時に3日間で366MB以上消費すると、通信制限される場合があります。200kbpsよりさらに遅くなると思いますが、実用レベルではないです。

また、高速通信時の通信制限は今のところ設けていないようです。

データ繰り越しについて

最適料金プランは、データ繰り越しに対応していません。このプランは段階従量制で自動的に料金が上がるため、少しだけ超えると無駄が出やすいです。

定額プランは、データ繰り越しに対応しています。余ったデータ容量は翌月末まで繰り越して使うことが出来ます。

⇒ データ繰り越しについて解説

ターボ機能について

高速通信をオフにして、低速通信状態にできます。

何ために必要なのかというと、Webサイトの閲覧やSNSの利用などで無駄に高速通信を消費しないためです。低速でも利用できるサービスに貴重な高速通信を使うのは無駄なので、普段は高速通信をオフにして、動画の視聴や重いサイトの利用などの時にオンしましょう。

ターボ機能について解説

バースト転送機能について

低速通信でも、ネットにアクセスした最初の数秒間だけ高速通信になる機能です。

数秒間とはいえ、Webサイトやtwitterのタイムラインなど、ある程度読み込んでしまえば快適に閲覧できます。

⇒ バースト転送機能について解説

自宅でMNP

MNP-img

エキサイトモバイルは、SIMカード到着後に自分でMNP転入手続きをする必要があります。

自分で切り替えると手間に感じますが、SIMカードが届いてからMNPした方が、通話できない時間が短くてすみます。

MNPは、「自宅でスマホ切替え」の手続きページで行ないます。そのため、スマホかパソコンなどネットに繋がる環境が必要です。

また即日切り替えの受付時間は、午前9時から午後7ですが、午後7時以降に手続きを行なうと、翌日の午前9時以降に切り替わります。

現在利用中のSIMは、MNPの手続きをするまでは使えるので、スマホで作業をしても良いです。また、MNP切り替え完了まで数時間は、届いたSIMも今までのSIMも使えなくなり、完了すると、自動的に今まで利用していた電話会社は解約になります。解約手続きは必要ありません。

MNP予約番号の有効期限は15日で、有効期限前日の午後7までに手続きをしないと、有効期限の最終日に自動的に切り替わります。

MNPについて解説

取り扱い端末

FUJITSU arrows M03
arrows-m03-front 価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
3万2800円 Android6.0 5.0インチIPS液晶 1280×720
 CPU  RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
クアッドコア1.2GHz 2GB/16GB 1310万/500万画素 2580mAh
 高さ×幅×厚み 本体重量  本体カラー その他
144×72×7.8mm 141g ブラック/ホワイト/
ピンク 
au VoLTE/防水/防塵/ ワンセグ 
ASUS ZenFone 3 laser(ZC551KL)
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
27,500円  Android6.0.1 5.5インチIPS液晶  1920×1080
CPU RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
オクタコア1.4GHz  4GB/32GB 1300万/800万画素 3,000mAh
高さ×幅×厚み 本体重量 本体カラー その他
149×76×7.9mm 150g シルバー/ゴールド au VoLTE/指紋センサー
ASUS ZenFone 3 Max(ZC553KL)
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
27,800円 Android6.0 5.5インチIPS液晶 1920×1080
CPU RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
クアッドコア1.4GHz 3GB/32GB  1600万/800万画素  4,100mAh 
高さ×幅×厚み 本体重量 本体カラー その他
151.4×76.2×8.2mm 175g ゴールド/グレー/ピンク au VoLTE/指紋認証
ASUS ZenFone 3(ZE520KL)
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
39,800円  Android6.0.1 5.2インチIPS液晶  1920×1080
CPU RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
オクタコア2.0GHz 3GB/32GB 1600万/800万画素 2,650mAh
高さ×幅×厚み 本体重量 本体カラー その他
146.8×73.9×7.69mm 144g ブラック/ホワイト/ゴールド DSDS/au VoLTE/指紋認証
Huawei nova
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
32,800円 Android6.0 5インチIPS液晶 1920×1080
 CPU  RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
オクタコア2.0GHz  3GB/32GB 1200万/800万画素 3020mAh
 高さ×幅×厚み 本体重量  本体カラー その他
141.2×69.1×7.1mm 146g シルバー/グレー/ローズゴールド au VoLTE/指紋認証
Huawei Mate9
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
49,800円 Android7.0 5.9有機EL(AMOLED) 1920×1080 
 CPU  RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量 
オクタコア
2.4GHz+1.8GHz
4GB/64GB 1200万+2000万/800万画素 4000mAh
 高さ×幅×厚み 本体重量  本体カラー その他
156.9×78.9×7.9mm  190g ブラック/シルバー/ゴールド 指紋認証
Huawei P9 lite 
huawei-p9lite-front 価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
25,800円 Android6.0 5.2インチIPS液晶 1920×1080
 CPU  RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量 
オクタコア
2.0GHz+1.7GHz
2GB/16GB 1300万/800万画素 3000mAh
 高さ×幅×厚み 本体重量  本体カラー その他 
146.8×72.6×7.5mm  147g ホワイト/ブラック /ゴールド 指紋認証
ONKYO GRANBEAT
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
84,800円  Android6.0 5インチIPS液晶 1920×1080
CPU RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
ヘキサコア1.8GHz 3GB/128GB  1600万/800万画素  3,000mAh 
高さ×幅×厚み 本体重量 本体カラー その他
142.3×72×11.9mm  234g  ブラック  指紋認証

エキサイトモバイルの評価

1GB刻みの従量制は面白いプランです。料金も最安値クラスになっているようなので、上手く使うと損するという事はないと思います。

ただ、毎月の使用量を決めている人や、ターボ機能などで自己制御できる人は、普通の定額プランの方が、データ繰り越しもあるので無駄なく使える気がします。

IIJmioから通信回線や設備等の提供を受けているようなので、通信品質にも期待できます。

最適料金プランは、出来るだけ少なく使いたい人より、3GBから10GBの間で使いたい人用と考えた方が良さそうです。

エキサイトモバイル 公式サイト

関連記事

  • b-mobile
    5段階従量制のある格安SIM
  • U-mobile
    2段階従量制のある格安SIM
  • ⇒ DMM mobile
    低速通信プランと大容量20GBがある格安SIM
  • 楽天モバイル
    低速通信プランがある格安SIM

4,370