今、お勧めの格安スマホ事業者一覧

シェアする

kakuyasusumaho-img

当サイトで紹介している「格安スマホ」事業者のリストページです。

各社の詳細情報ページへのリンク集になっています。

格安スマホ事業者一覧

簡単に説明をしているので、詳しくは各社詳細情報ページを参考にしてください。

OCN モバイル ONE

  • 通信容量:日次110MBと170MB、月次3GB~15GB
  • データSIM:900円~2,300円
  • SMS:+120円
  • 通話SIM(IP電話付):1,600円~3,000円
  • シェアSIM:最大5枚
  • データ繰り越し、ターボ機能

業界NO.1のシェアのMVNOです。効率よく使える日割りプランや大容量プランなどバラエティに富んだ内容になっています。IP電話の「050 Plus」があれば通話題を大幅に節約できます。OCN 光の加入者は200円割引きになり料金面でも最強クラスです。

OCN モバイル ONEの詳細情報ページ

楽天モバイル

  • 通信容量:低速データ無制限、3.1GB~10GB
  • データSIM:525円~2,260円
  • SMS:+120円
  • 通話SIM:1,250円~2,960円
  • 通話定額:850円
  • セットプラン:1,880円~
  • データ繰り越し、ターボ機能

楽天が運営している事を生かして、月額料金などが楽天スーパーポイントとして還元されます。機能面でも一通り揃っています。通話料が半額になる「楽天でんわ」と定額通話の「5分かけ放題オプション」は電話を使いたい人にも優しいです。

楽天モバイルの詳細情報ページ

IIJmio(アイアイジェイミオ)

  • 通信容量:3GB~10GB
  • データSIM:900円~2,560円
  • SMS:+120円
  • 通話SIM:1,250円~2,960円
  • シェアSIM:最大10枚
  • 通話アプリ:30秒10円、アプリ同士20%オフ
  • データ繰り越し、ターボ機能、バースト転送機能

業界でも人気、実力共にトップクラスです。その秘密は、他社にスマホなど通信事業の支援をしているネット事業の専門会社だからです。料金も安く通信速度も上位の安定速度を維持しています。機能面でも万全なので、初心者からプロ?までお勧めできます。

IIJmioの詳細情報ページ

BIGLOBE SIM

  • 通信容量:1GB~12GB
  • データSIM:900円~2,700円
  • SMS:+120円
  • 通話SIM:1,400円~3,400円
  • シェアSIM:最大5枚
  • 通話アプリ:30秒10円
  • 通話定額:60分650円
  • データ繰り越し

誰もが知る老舗のビッグローブが運営しています。BIGLOBE加入者は200円割引きで料金がお得に。通話料が半額になる「BIGLOBEでんわ」と60分間定額通話の「通話パック60」を組み合わせると通話料が約4分の1になります。

BIGLOBE SIMの詳細情報ページ

mineo(マイネオ)

  • 通信容量:500MB~10GB
  • データSIM:au・700円~2,520円、ドコモ・700円~2,520円
  • SMS:au・無料、ドコモ・+120円
  • 通話SIM:au・1,310円~3,130円、ドコモ・1,400円~3,220円
  • IP電話:携帯電話18円/1分、固定電話8円/3分、アプリ同士無料
  • データ繰り越し、ターボ機能、バースト転送機能

ドコモとau、2つの回線を使える稀有なMVNOです。500MB~10GBと幅広いプランが選べて料金も安いです。通信量のシェアも家族だけでなく、友人や知人、mineoユーザー同士でも可能なシステムを設けています。何かと利用者よりな会社なので、信頼感が抜群です。

mineoの詳細情報ページ

DMM mobile

  • 通信容量:低速データ無制限、1GB~20GB
  • データSIM:440円~4,980円
  • SMS:+150円
  • 通話SIM:1,140円~5,980円
  • シェアSIM:最大3枚
  • 通話アプリ:30秒10円
  • データ繰り越し、ターボ機能、バースト転送機能

業界最安値宣言を有限実行中の料金最強のMVNOです。機能面でも一通り揃っていますが、中でも「バースト転送」は、低速状態でも快適に使える機能です。通話代が半額になる「DMMトーク」もあり、とにかく安くスマホが使いたい人にお勧めです。

DMM mobileの詳細情報ページ

U-mobile

  • 通信容量:1GB~5GB
  • データSIM:790円~1,480円
  • SMS:+150円
  • 通話SIM:1,580円~1,980円
  • 高速データ無制限:2,480円~
  • 2段階定額:680円~
  • 通話アプリ:30秒10円

データ通信使い放題が最強クラスです。常時高速通信でほとんど制限がないのは他にはないです。通話料が半額になる「U-CALL」もあり電話を安く利用できます。スマホを自由に使いたい人に勧めたい。

U-mobileの詳細情報ページ

UQモバイル

  • 通信容量:3GB
  • データSIM:980円
  • SMS:無料
  • 通話SIM:1,680円
  • 高速データ無制限:データSIM・1,980円、通話SIM・2,680円
  • セットプラン:2,980円
  • データ繰り越し、ターボ機能

auのKDDIグループなので、au回線だけを利用しています。auのスマホがそのまま使えます。通信速度も安定して速いと評判が良いです。30分無料通話やスマホがセットになった「ぴったりプラン」も人によってはコスパが高くお勧めになるでしょう。

UQ mobileの詳細情報ページ

NifMo(ニフモ)

  • 通信容量:1.1GB~10GB
  • データSIM:640円~2,800円
  • SMS:+150円
  • 通話SIM:1,340円~3,500円
  • IP電話:かけ放題1,300円
  • データ繰り越し、ターボ機能、バースト転送機能

老舗プロバイダ@niftyのニフティが運営しています。会員なら200円引きで1.1GBプランなら最安値クラスに。通信速度も速く安定していると評判ですが、人気の秘密は「NifMo バリュープログラム」です。ショッピングや食事、アプリのダウンロードで料金が割引きに。

NifMoの詳細情報ページ

b-mobile

  • 通信容量:3GB
  • データSIM:1,180円
  • SMS:+150円
  • 通話SIM:1,980円
  • 高速データ無制限:データSIM・1,980円、通話SIM・2,780円
  • 5段階従量制:1GB500円~5GB1,500円

日本のMVNO最古参です。5段階定額の「おかわりSIM」は、データ通信を使った量に応じて料金が上乗せされます。毎月のスマホの使用量に差がある人は、効率よく使える可能性がある面白いシステムです。

b-mobileの詳細情報ページ

DTI SIM

  • 通信容量:1GB~5GB
  • データSIM:600円~1,220円
  • SMS:+150円
  • 通話SIM:1,200円~1,920円
  • 通話定額:780円
  • データ繰り越し

とにかく料金が安いです。1GBと3GBは、あのDMM mobileを下回る低料金で提供しています。さらに、中継電話(プレフィックス方式)ではない通話定額があります。780円で5分間回数無制限の無料通話は、楽天でんわより安く、SIMの料金と合わせても1,980円はキャリアを利用するのが馬鹿らしくなるくらいです。

DTI SIMの詳細情報ページ

エキサイトモバイル

  • 通信容量:低速データ無制限、100MB~20GB
  • データSIM:500円~4,750円
  • SMS:+140円
  • 通話SIM:1,200円~5,450円
  • データ繰り越し、ターボ機能、バースト転送機能

エキサイトブログでも有名なエキサイトが運営しています。最高17段階の従量制が特徴的ですが、ネットの利用状況次第では無駄な出費がなく快適に使えるでしょう。バースト転送機能も実装されているので低速通信にしてもストレスが少ないです。

エキサイトモバイルの詳細情報ページ

TONE(トーンモバイル)

  • 通信容量:低速データ無制限500~600kbps
  • データSIM:1,000円
  • SMS:+110円
  • 通話SIM:1,953円
  • 高速データ通信:+500円、1GB、IP電話60分

TSUTAYAが運営するMVNOです。500kbpsの定額無制限だけと潔く料金も1,000円と格安です。オプションでIP電話を利用できたり、高速通信も可能です。さらに家族で利用することを想定したサポート体制が充実しています。

TONEの詳細情報ページ

Y!mobile(Yモバイル・ワイモバイル)

  • 通信容量:1GB~7GB
  • 月額料金:2,980円~5,980円(無料通話とスマホ割付き)
  • シェアSIM:あり

おっさん猫のCMでも有名な格安スマホです。ソフトバンク系でキャリアですが、無料通話やスマホ割がセットになっても格安になっています。通信速度もサポートも他のキャリアと同等なので、少しでもスマホ料金を節約したい人にお勧め。

Y!mobileの詳細情報ページ