UQ mobileが、データ容量の繰り越し・チャージ、ターボ機能の追加で通信容量を効率的に使えるように!

シェアする

「UQ mobile」は、通信容量を翌月に繰り越せる「データ容量くりこし」、通信容量を追加出来る「データチャージ」、高速通信を切り替えられる「ターボ機能」を新たに追加しました。開始は11月1日からです。

また10月末までの契約者を対象に11月利用分のデータ容量を3GB増量する「データ繰越スタートキャンペーン」を実施するとの事です。

「UQ mobile」は、au回線を利用する数少ない格安スマホですが、データ容量を有効に使える機能が不足していました。

データ容量というのは、インターネット通信でデータの送受信をする時に使われる容量です。

契約したプランで使えるデータ容量を超えると、200kbps以下の低速通信になるため動画の視聴やwebサイトの閲覧が重くなります。

今回の追加機能で高速通信を快適に利用できるようになります。

データ容量くりこし

uqmobile-kurikoshi

使い切らずに余ったデータ容量を翌月に繰り越して利用できます。データチャージで追加した分を除いて最大3GBまで繰り越し可能。

例えば、3GBプランで2GBしか使わなかった場合、翌月には1GB上乗せされて4GB使えるようになるシステムです。

データチャージ

データチャージ 100MB 500MB
料金 200円 500円
備考 有効期限90日

データ容量を使い切ると低速通信になってしまいますが、データチャージをおこなうと新たに追加した分だけ高速通信が可能になります。繰り越しは90日間有効なので、使い切れなくても無駄になりにくいです。

ターボ機能

uqmobile-turbo

  ターボON ターボOFF
3GB 下り最大150Mbps 下り最大200kbps
無制限 下り最大500kbps

ターボ機能を使ってOFFにすると、データ容量を消費しない低速通信モードになります。

TwitterなどSNSや軽いwebサイトを利用する時は低速通信でも可能なので、普段はターボ機能をオフにして、動画や画像系のサイトを見るときに高速通信に切り替えると無駄にデータ容量を消費せずにすみます。

UQ mobileは、au端末利用者にとって数少ない選択肢でしたが、データ容量を有効に使える手段が追加された事で、ドコモ回線に端末ごと乗り換える必要がなくなりそうですね。

UQ mobileの総合解説はこちら