IIJmio(アイアイジェイミオ)、通信品質が高いMVNEが提供する格安SIMの内容と料金を解説

シェアする

IIJmio

IIJmio(アイアイジェイミオ)」は、IIJ(インターネットイニシアティブ)が運営するモバイル通信サービスです。

IIJと聞いてもピンと来ない人も多いと思いますが、日本で最初にプロバイダ(ISP)事業を始めた会社です。

現在は法人向けのネット接続環境の主事業にしています。民間向けに行っているモバイルサービスが、「IIJmio」です。

この他、DMM mobileなど他のMVNOに携帯通信事業の環境構築やキャリアから通信回線の調達などをするMVNEでもあります。

この様にネット接続事業に精通しているだけあって、通信の品質はトップクラスと定評があります。2015年12月には100万回線を突破してユーザー数を着実に増やしシェアも業界トップクラスを維持しています。

インターネットの品質や信頼を重要視する人にお薦めです。

IIJmioの基本情報

最安プラン 900円(データSIM)
3GBプラン 1,600円(通話SIM)
回線 ドコモ
ターボ機能 あり
データ繰り越し あり
格安通話 みおふぉんダイアル(10円/30秒)
シェアSIM あり
解約手数料 通話SIM(12ヶ月間)
支払い方法 クレジットカード

回線はドコモの3G・LTEを利用しているので日本全国ほとんどの面積をカバーしています。

「ターボ機能」や「データ繰り越し」にも対応しているので、効率的に高速通信を利用できます。

「みおふぉんダイヤル」で、通話料を半分にできるので電話代もお得です。

IIJmio 公式サイト

料金・サービス内容の詳細

IIJmioの各種料金表

月額料金
   データSIM 音声通話SIM SIMカード枚数 通信速度
SMSなし SMSあり
3GB 900円 1,040円 1,600円 最大2枚 下り最大225bps
上り最大50bps
6GB 1,520円 1,660円 2,220円
10GB 2,560円 2,700円~ 3,260円~ 最大10枚

※利用開始月の月額料金は、日割りで計算されます。

※解約月は全額支払いになります。

容量追加オプション
追加クーポン 100MB
料金 200円
電話オプション
留守番電話 300円
キャッチホン 200円
その他の料金
初期費用 3,000円(パッケージの場合、販売価格による)
SIMカード再発行
SIMカードサイズ変更
SIMカード交換
2,000円
MNP転出料 3,000円

※価格は税抜きです。

「SMS」とは、ショートメールサービスのことで、LINEやゲームの認証が必要なときなどに使えます。通話SIMには標準で付います。

追加クーポンは、有効期限が3ヶ月で、毎月最大30枚、合計3GBまで購入できます。

留守番電話やキャッチホンもきっちり揃っているので、電話がよくかかってくる人も安心して利用できます。

ファミリーシェアプラン(10GB)」は、SIMカードを10枚まで追加できますが、4枚目以降は月額料金が400円プラスになります。

音声通話SIMは、1回線につき700円プラスで、最大5回線まで契約可能です。

データSIMにSMS機能を付ける場合は、1枚につき140円追加料金が必要です。

新規契約時に追加したSIMカードは無料になりますが、新規契約時に申し込めるSIMカードは3枚までです。4枚目以降は、契約後の追加になり2,000円必要になるので注意してください。

IIJmioのプランはシンプルに3種類

ミニマムスタートプラン(3GB)」が、最も安いプランです。3GBは大半の人が利用しているデータ通信量で、ほぼ全てのMVNOが設けています。

動画なら15時間以上、音楽配信なら100時間も利用できます。WebサイトやLINEならデータの残量を気にしなくても良いレベルで利用可能な容量です。

ライトスタートプラン(6GB)」は、3GBでは物足りない人向けです。大抵の人は3GBあれば過不足ないですが、もう少し余裕が欲しい人は6GBもあれば十分だと思います。

動画だと数十時間も視聴できるので、毎日30分くらい見ても2GBも余ります。残りはWebサイトの閲覧やtwitterやLINEなどに回せるので容量不足になる事はほとんどないと思います。

ファミリーシェアプラン(10GB)」は、文字通りに家族でデータ容量を分け合えるプランです。家族に限らず1人でも10枚までSIMカードを利用してデータ通信量のシェアが可能になっています。

10GBは常時スマホでネットをするようなヘビーユーザー向けですが、「IIJmio」では家族で分け合って効率良く利用して節約もできる訳です。

1人で使えば、10GBの大容量をたっぷり利用できます。動画の視聴にテザリングに用途が広がるので、余裕のある人にお薦めのプランですね。

どのプランでも動画の垂れ流しをすると、すぐにデータ量超過になるので、長時間動画を見たい人は極力Wi-Fiを活用しましょう。

通信制限について

月のデータ通信量を消費すると、翌月まで200kbpsの低速通信になります。

3日間の通信制限もあります。

月のデータ通信量を使い切った状態か、「ターボ機能」で高速通信をオフにした200kbpsで、3日あたり366MBのデータ通信量を使うと、超低速状態になる場合があります。

高速通信の時に通信制限がないのは少数派ですが、低速にして使い放題とはいかないようですね。

「ターボ機能」で高速通信を節約できる

iijmio-turbo

IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」アプリから、高速通信のON/OFF切り替えが可能です。

OFF時は、200kbpsと低速通信ですが、テキスト主体のメールやSNS、文字ベースのWebサイトなどを閲覧する分には問題ないです。

普段はOFFにして、動画や画像系のサイトを見るときだけ高速通信に切り替えれば、データ通信量を節約できます。

ただし、高速通信をOFFにすると、3日間の通信制限の対象になるので、低速だからと使い過ぎには注意しないといけません。

ターボ機能について解説

「データ容量繰り越し」で余ったデータも無駄なく使える

iijmio-kurikoshi

使い切れずに余ったデータ通信量を翌月に持ち越せるシステムです。

例えば、3GBプランで600MB余った場合、翌月に繰り越して上乗せされ3.6GB使えるようになります。有効期限は翌月末なので、2ヶ月以上は持ち越せません。

データ容量を余らせても損する事がないのでありがたいシステムです。

⇒ データ繰り越しについて解説

「バースト転送機能」で低速通信でも少しだけ快適

データ通信量を使い切ったり、高速通信をOFFにしていると200kbpsと低速状態になり、Webサイトの読み込みも遅くイライラします。

バースト転送なら、読み込む時の数秒間だけ高速通信になるので、軽めのWebサイトや、twitteのタイムラインくらいなら読み込んでしまうので、ストレスなく閲覧できるようになります。

現在この機能を実装しているのは、IIJmio・DMM mobile・hi-ho・BB.exciteモバイルLTEくらいです。

バースト転送機能について解説

利用期間で変わる解約金制度

通話SIMは解約時に違約金が発生します。IIJmioでは「音声通話機能解除調定金」といって以下のように計算されます。

(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜)

初月だと最大12,000円、12ヶ月目だと1,000円の違約金ということになります。

「ファミリーシェアプラン」について

familyshare

「ファミリーシェアプラン」月額料金表

   データSIM 音声通話SIM SIMカード枚数
SMSなし SMSあり
10GB 2,560円 2,700円~ 3,260円~ 10枚

「ファミリーシェアプラン」追加月額料金表

   データSIM 音声通話機能付帯料 追加SIM料金
SMSなし SMSあり
1~3枚 +140円 +700円
4~10枚 +140円 +700円 +400円

※2,560円に追加される料金になります。

データ通信量10GBが使える「ファミリーシェアプラン」は、プラン名の通り家族でシェアする事ができます。

シェアとは、10GBのデータ通信量を家族など複数の人で共有して、分け合いながら利用することです。1人で複数のSIMカードを所有してシェアしても問題ありません。

利点は、シェアする人数次第で料金がお得になることです。また利用するデータ量が人によって違う場合、多く使ったり少なく使ったり出来るので、効率が良くなります。

例えば、3人が毎月それぞれ1GB、3GB、6GBと分け合って使うようなことが出来ます。

「IIJmio」には1GBや6GBプランはないので、少ない人は無駄に3GBにする必要がなく、6GB使う人も5GBにして不足することがなくなります。

月額料金も上手く分け合えばコスパが良くなります。

例えば、3GBの音声通話SIMプランを3人分契約した場合、4,800円になります。

「ファミリーシェアプラン」なら、2,560円に3人分の音声通話機能付帯料2,100円(700円×3人)で、合計4,660円になるので少しですが安くなります。

さらに初期手数料が1人分ですみ、データ通信量も1GB分多く使えます。

欠点は、個別に使えるデータ通信量を設定できない事です。1人が使い過ぎると他の人達は全く使えなくなるリスクがあります。ただし子供などネットを制限したい場合は、個別にターボ機能をオフにするという手もあります。

さらに「ファミリーシェアプラン」には落とし穴があります。

SIMカード4枚目以降には余計なコストがかかるようになっているんです。

  • 新規契約時に申し込めるSIMカードは無料だが3枚までに限る。
  • SIMカード4枚目以降は、契約後の追加で1枚につき2,000円必要。
  • SIMカード4枚目以降は、1枚につき月額料金が400円増える。

SIMカードの追加料金は、月額料金が人数分必要ないので相殺されますが、月額料金400円追加は少し痛いです。

4人でシェアすると5,760円になり、1人あたりだと1,440円で平均2.5GBだけ使えます。1人あたりの月額料金を3GBに換算すると1,728円になるので、3GBプランよりコスパが悪くなります。

ただし、1,440円は「IIJmio」の最低料金よりは安いので、1人平均2.5GBあれば十分なら安上がりにはなります。

家族全員で10GBあれば必要十分だったり、1人で複数枚のSIMカードを使いたい人向けということです。

もちろん1枚で大容量を使いたい人もこのプランの適正者になります。

通話料がお得になるサービス

miophone

携帯電話料金は固定電話よりかなり高いので、うっかりかけ過ぎると大変な事になります。格安スマホには基本的に大手キャリアのような通話料定額サービスはありません。しかしそんなに電話をしない人からすると、大手キャリアの定額料金は割り高なんですね。

現在の格安スマホにも電話代を少しでも安くするサービスが用意されています。IIJmioの場合、「みおふぉんダイアル」と「ファミリー通話割引」がそうです。

「みおふぉんダイアル」で通話料が半額

「みおふぉんダイアル」アプリをスマホに入れることで、通話料が50%オフの10円/30秒になります。

IP電話と違って、通常の電話回線を使うので、音声品質や繋がりやすさは一般的な電話と変わりません。

仕組みは、アプリを使って電話番号の頭にプレフィックス番号「0037-691」を付けると、「みおふぉんダイアル」サービスを認識してIIJの独自回線を通すので、その分だけ割引きされるようになっています。

また、このプレフィックス番号自体は、相手側には表示されないので不審な番号だと疑問に思われる事はなく、着信表示も通常の電話番号でされるので安心です。

「ファミリー通話割引」で通話料が20%オフ

同じID内のみおふぉん同士なら、通話料が20%オフの16円/30秒になります。

また、「みおふぉんダイアル」と「ファミリー通話割引」の併用時は、合計60%オフとなり8円/30秒とさらにお得です。

IIJmioのクーポンについて

IIJmioではデータ容量をクーポン形式で扱っています。

毎月の契約データ容量のことは、「バンドルクーポン」と呼びます。

追加購入したデータ容量のことは、「追加クーポン」と呼びます。

これらクーポンの情報は、サーバー上にあり、利用者がアクセスすると、SIMカードに10MBだけ配られます。ターボ機能がOFFだと配られません。

SIMカードに記録された10MBの有効期限は無期限になります。

SIMカードの返却は必要ない?

基本的にSIMカードは、レンタル扱いなので事業者に返却する必要があります。

IIJmioでも返却するようになっていますが、返却できなくても何らかの請求をされる事はないようです。

なるべく返却をした方がいいですが、うっかり忘れたり、面倒で先延ばしにしてもお金を取られる事はないみたいなので、プラン変更や他社に移る場合もSIMカードの扱いを気にしなくても良さそうです。

au対応機種も揃っているIIJmioの端末

タイプA、タイプB両対応機種

FUJITSU arrows M03
arrows-m03-front 価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
32,800円 Android6.0 5.0インチIPS液晶 1280×720
 CPU  RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
クアッドコア1.2GHz 2GB/16GB 1310万/500万画素 2580mAh
 高さ×幅×厚み 本体重量  本体カラー その他
144×72×7.8mm 141g ブラック/ホワイト/
ピンク 
防水/防塵/ ワンセグ 
SHARP AQUOS SH-M04-A
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
32,800円 Android6.0 5インチIGZO 1280×720
CPU RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
オクタコア1.4GHz 2GB/16GB 1310万/500万画素 2700mAh
高さ×幅×厚み 本体重量 本体カラー その他
143×71×8.3mm 138g ホワイト/ネイビー 防水/防塵/おサイフケータイ
ASUS ZenFone 3(ZE520KL)
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
34,800円  Android6.0.1 5.2インチIPS液晶  1920×1080
CPU RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
オクタコア2.0GHz 3GB/32GB 1600万/800万画素 2,650mAh
高さ×幅×厚み 本体重量 本体カラー その他
146.8×73.9×7.69mm 144g ブラック/ホワイト/ゴールド DSDS/au VoLTE/指紋認証
Huawei nova
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
34,800円 Android6.0 5インチIPS液晶 1920×1080
 CPU  RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
オクタコア2.0GHz  3GB/32GB 1200万/800万画素 3020mAh
 高さ×幅×厚み 本体重量  本体カラー その他
141.2×69.1×7.1mm 146g シルバー/グレー/ローズゴールド au VoLTE/指紋認証
ASUS ZenFone Go
zenfone-go-front 価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
14,800円 Android5.1.1  5.5インチIPS液晶 1280×720
 CPU  RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
クアッドコア1.4GHz 2GB/16GB 800万/500万画素 3010mAh
 高さ×幅×厚み 本体重量  本体カラー その他
151×76.9×10.7mm  160g ブラック/ホワイト/
レッド/ピンク/ブルー
au VoLTE
ASUS ZenFone 3 laser(ZC551KL)
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
27,800円  Android6.0.1 5.5インチIPS液晶  1920×1080
CPU RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
オクタコア1.4GHz  4GB/32GB 1300万/800万画素 3,000mAh
高さ×幅×厚み 本体重量 本体カラー その他
149×76×7.9mm 150g シルバー/ゴールド au VoLTE/指紋認証

タイプD対応機種

ASUS ZenFone 3 Max(ZC520TL)
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
19,800円 Android6.0 5.2インチIPS液晶 1280×720
CPU RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
クアッドコア1.25GHz 2GB/16GB  1300万/500万画素  4,100mAh 
高さ×幅×厚み 本体重量 本体カラー その他
149.5×73.7×8.55mm 160g シルバー/ゴールド/グレー 指紋認証
Huawei nova lite
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
19,900円 Android7.0 5.2インチIPS液晶 1920×1080
 CPU  RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
オクタコア 3GB/16GB 1200万/800万画素 3000mAh
 高さ×幅×厚み 本体重量  本体カラー その他
147.2×72.94×7.6mm 147g ブラック/ホワイト/
ゴールド
指紋認証
Huawei P10
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
57,800円 Android7.0 5.1インチIPS液晶 1920×1080
 CPU  RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量 
オクタコア
2.4GHz+1.8GHz
4GB/64GB 1200万+2000万/800万画素 3200mAh
 高さ×幅×厚み 本体重量   本体カラー その他
145.3×69.3×6.98mm 145g ブルー/ゴールド/シルバー/ブラック 指紋認証
Huawei P10 lite 
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
26,800円 Android7.0 5.2インチIPS液晶 1920×1080
 CPU  RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量 
オクタコア
2.1GHz+1.7GHz
3GB/32GB 1200万/800万画素 3000mAh
 高さ×幅×厚み 本体重量  本体カラー その他 
146.5×72×7.2mm  146g ブルー/ホワイト/ブラック /ゴールド 指紋認証
Huawei P10 Plus 
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
64,800円 Android7.0 5.5インチIPS液晶 2560×1440
 CPU  RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量 
オクタコア2.4GHz+1.8GHz 4GB/64GB 1200万+2000万/800万画素 3750mAh
 高さ×幅×厚み 本体重量  本体カラー その他 
153.5×74.2×6.98mm  165g グリーナリー/ダズリングゴールド 指紋認証
VAIO Phone A
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
19.800円 Android6.01 5.5インチ液晶 1920×1080
 CPU  RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
オクタコア1.5GHz+1.2GHz 3GB/16GB 1300万/500万画素 2800mAh
 高さ×幅×厚み 本体重量  本体カラー その他
156.1×77.0×8.3mm 167g シルバー
Motorola Moto G5 Plus
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
32,800円  Android7.0 5.2インチIPS液晶 1920×1080
CPU RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
オタクコア2.0GHz 4GB/32GB 1200万/500万画素 3000mAh
高さ×幅×厚み 本体重量 本体カラー その他
150.2×74.0×7.7~9.7mm  155g グレー/ゴールド 指紋認証
ONKYO GRANBEAT
価格(税抜) OS ディスプレイ 解像度
79,800円  Android6.0 5インチIPS液晶 1920×1080
CPU RAM/ROM 外側/内側カメラ バッテリー容量
ヘキサコア1.8GHz 3GB/128GB  1600万/800万画素  3,000mAh 
高さ×幅×厚み 本体重量 本体カラー その他
142.3×72×11.9mm  234g  ブラック  指紋認証

※価格は税抜きです。

arrows M03」は、人気のarrows M02の後継機種です。スペックは全機種と同じで、防水防塵、おサイフケータイに対応しているのも同じです。変わったところは、ワンセグ搭載とカメラ性能が向上したくらいです。

Huawei P9 lite」は、ミドルレンジでも高性能なCPUを搭載しています。カメラ性能も良く、指紋センサーも搭載したコスパの高い機種です。

ZenFone Max」は、「ZenFone2 laser」ベースに5000mAhの大容量バッテリーを搭載したバージョンです。電池切れが気になる人向きです。

ZenFone2 laser」は、SIMフリースマホの中でも人気機種。必要十分な性能で価格も2万円台の中盤で買えるのでお薦めです。

ZenFone Go」は、「ZenFone2 laser」の廉価版です。CPUとメインカメラ性能が少し劣りますが、使い勝手は余り変わらないのでコスパは良いと思います。

Huawei GR5」は、3万前半の価格帯としては高性能でコスパが高く、指紋認証にも対応しているので人気機種になっています。

この他にも、モバイルルーター「NEC Aterm MR04LN」23,520円、タブレット「Huawei MediaPad T1 7.0」とモバイルルーター「NEC Aterm MR04LN」のセット販売31,800円があります。

IIJmioの評価

「ターボ機能」や「バースト機能」のような快適な機能が一通り揃っています。

電話代も「みおふぉんダイアル」と「ファミリー通話割引」で半額以下に抑えられます。

格安スマホの値下げを牽引し続けた企業なので、月額料金も期待できるでしょう。

設備投資をしっかりおこなっているので、今後も品質が向上していくことが予想されます。

ユーザー数も着実に増えているので、サービスの低下や終了といった不安もありません。

品質、料金、サービスと3拍子揃ってるので、格安スマホの通だけでなく初心者にも勧められます。

IIJmio 公式サイト

関連記事

  • ⇒ DMM mobile
     IIJがサポートしている業界差安値の格安SIM
  • エキサイトモバイル
    IIJがサポートしている最安値プランもある格安SIM
  • ⇒ UQ mobile
     通信速度ではどこにも負けないau系の格安SIM