DMM mobileは通話代が半額になる「DMMトーク」のサービスを開始

シェアする

dmm-talk

「DMM mobile」は、通話代が半額になる「DMMトーク」を開始しました。

このサービスは、電話番号の頭にプレフィックス「0037-692」を付けることで、独自回線に繋いで、国内通話代20円/30秒を半額の10円/30秒にするサービスです。国際通話も32ヶ国が10円/30秒です。(全て非課税)

他に「楽天モバイル」の「楽天でんわ」や、「U-mobile」の「U-CALL」など同様のサービスがあります。

独自回線といっても、楽天モバイルと同じ楽天グループ「フュージョン・コミュニケーションズ」の回線を利用しているので信頼度はこちらに依存します。

プレフィックス方式の仕組みですが、電話番号の頭にプレフィックス番号が付いていると、独自回線を使って通話相手に繋がるため、NTTなどの回線より安く設定できるようです。

プレフィックス番号が、付くのは送信した時だけなので、通話相手の通知には通常の電話番号しか表示されません。

電話番号が変わる訳ではないので、再登録してもらう必要はなく、見覚えのない電話番号だと不審がられることもないです。

安いと言ってもIP電話ではなく、携帯電話と同じ音声品質や繋がりやすさなので安心して利用できます。

DMMトークの利用には、クレジットカードによる登録が必要です。

このサービスはDMM mobileの契約者以外でも利用できます。

そのためプレフィックス番号が付くと、他社の無料通話は無効になり通話料金がかかるので、注意が必要です。

専用のアプリを利用すると、自分でプレフィックス番号を付けなくても、自動的にサービスに繋いでくれるので面倒はありません。

欠点は、フリーダイヤルや110など3桁の番号に繋がらない事です。

専用のアプリで、電話番号を長押しすると、プレフィックス番号を付けないで発信してくれるので対応できます。

初期費用も月額料金も一切必要ないので、定額通話のない「格安SIM」を利用する人は、是が非でも利用した方が良いサービスです。

DMM mobileは業界最安値を有言実行しているので、他社の料金が安くなると、値下げに対応します。もちろん契約中の人も適用されるので、常に最安値で利用できます。

ターボ機能やデータ繰り越しの他、低速状態でも初速だけ高速通信になるバースト機能も実装しているので、料金だけでなく機能やサービス面でも優秀な格安スマホです。

DMM mobileの総合解説はこちら