またしても業界最安値に!DMM mobileの料金が大幅に改定されます。

シェアする

「DMM mobile」は、4月1日より通信料金の一部を引き下げる料金改定を行ないます。

かねてより業界最安値を宣言しているので、該当するプランで他社に対抗する料金に改定した事になります。

料金表のオレンジ色が新料金になります。

「シングルコース」の新料金表

データSIM 通話SIM  
ライトプラン 440円 1,140円
1GB 480円 1,260円
2GB 770円 1,380円
3GB 850円 1,500円
5GB 1,210円 1,910円
7GB 1,860円 2,560円
8GB 1,980円 2,680円
10GB 2,190円 2,890円
15GB 3,600円 4,300円
20GB 4,980円 5,980円

※税抜き価格です。SMSオプションは150円プラス。

料金表のオレンジ色が新料金になります。

「シェアコース」の新料金表

  データSIM
(1~3枚)
通話SIM
SIMカード1枚
(+データSIM1~2枚)
SIMカード2枚
(+データSIM1枚)
SIMカード3枚
8GB 1,980円 2,680円 3,380円 4,080円
10GB 2,190円 2,890円 3,590円 4,290円
15GB 3,600円 4,300円 5,000円 5,700円
20GB 4,980円 5,980円 6,680円 7,380円

※税抜き価格です。SMSオプションは150円プラス。

3月までに契約済みの人も4月分から新価格が適用されます。

シングルコースでは半分、シェアコースではほとんどのプランが料金を引き下げています。

「DMM mobile」は、全てのプランで業界最安値を宣言しているので、今回の料金改定でも有言実行しました。

しかしこれほど大幅な料金改定は、やはり新年度に向けを意識したものでしょうね。

入学や入社などで必要な物にお金がかかります。1人暮らしを始める人は、生活用品や家賃や生活費も考えなくてはいけない時期です。

スマホ料金を少しでも節約できたら助かりますよね。

「DMM mobile」は、今回の料金改定をみても分かる通り、常に業界最安値を維持し続けているので、料金面での不満はありません。

料金以外にも「ターボ機能」や「データ繰り越し」、他社にはほとんどない「バースト機能」も搭載しているので、通信容量を節約しながら使うことも出来ます。

学生はバイト、社会人は昇給して収入に余裕が出来るまで、通信容量の少ない安いプランを利用するのは良い考えだと思います。

DMM mobileの総合解説はこちら