DMM mobileは、他社価格に対抗して料金引き下げを発表。9月30日15時より

シェアする

dmm-20150925

「DMM mobile」は、1GB・5GB・10GBの「データSIM」3プランの料金を9月30日15時から引き下げることを発表しました。既存契約者は、10月分の料金から適用されます。

同社は、かねてより業界最安値を公言していますが、3プランで他社下回ったため有限実行する形での料金改定になります。これで全20プランで業界最安値になったようです。

新旧料金表

データSIMプラン 旧料金 新料金
1GB 630円    → 590円
5GB 1,270円 → 1,210円
10GB 2,250円 → 2,190円

※料金は税抜きです。

高速通信が可能な最安値プランの「1GB」と、数GBでは物足りない人向けの「5GB」、ヘビーユーザー向けの「10GB」が料金引き下げの対象になっています。

また、いずれも「データSIM」ですが、インターネットの利用のみ可能なプランです。090/080/070の携帯電話番号を持てないので、700円安く利用できます。

携帯電話を利用したい人は、「音声通話SIM」を選択してください。

電話を全く利用できない訳ではなく、「IP電話」を利用すれば可能です。

「DMM mobile」ではIP電話サービスはおこなっていませんが、他社のIP電話なら利用できます。

代表的なものだと、「ケイ・オプティコム」が提供する「LaLa Call」や「NTTコミュニケーションズ」が提供する「050 plus」、「LINE電話」、「SMARTalk」があります。

いずれも頭に050の付いた電話番号を貰えるので、携帯電話と同じ感覚で利用できます。通話料も携帯電話より安くなっています。

ただし、110のような緊急電話やフリーダイヤルにはかけられません。

また、携帯電話よりも音声品質や接続状態が良くないので、ビジネスなどの利用は避けた方が良いでしょう。

詳しくは、「IP電話サービスを解説」の記事を参考にしてください。

「DMM mobile」は、他社よりも低料金を売りに勝負しています。今後も、月額料金を出来るだけ抑えたい人にお薦めしたい「格安スマホ」になるでしょうね。

DMM mobileは、今後も積極的に料金改定をすると思います。

DMM mobileの総合解説はこちら