DTI SIM ノーカウントβの提供を8月2日より開始。正式版は今秋予定

シェアする

dti-sim-nocount-b-top

DTI SIM ノーカウントの正式開始に先駆けて8月2日から「DTI SIM ノーカウントβ」の提供開始しました。

DTI SIM ノーカウントが始まるまでの限定プランになっています。

DTI SIM ノーカウントに関する記事

DTI SIM ノーカウントβ

DTI SIM ノーカウントの正式開始は秋を予定しているため、遅すぎるということで、8月2日から「DTI SIM ノーカウントβ」の提供開始しました。

利用できるのは、新規と既存の利用者はプラン追加の場合だけです。プランの変更には対応していません。

また、データプラン(SMS付きも)は10契約、音声プランは5契約まで可能です。

3日間の通信制限は、通常の5GBプランと同じ3GBですが、ポケモンGOの通信量も含みます。

DTI SIM データプラン
ノーカウントβ
DTI SIM データSMSプラン
ノーカウントβ
DTI SIM 音声プラン
ノーカウントβ
基本データ容量5GB
+容量チャージ5GB
4,220円 → 1,220円 4,370円 → 1,370円 4,920円 → 1,920円

※料金は税抜きです。

基本データ容量5GBに容量チャージ5GB分が付いていていますが、容量チャージ分の料金3,000円を値引きして、5GBの基本料金だけで10GB利用できるようになっています。

プラン名はノーカウントとなっていますが、β版はしっかしとカウントされます。その代わりに5GB分の容量チャージが無料で利用できるようになっているようです。

1日中プレイし続けなければ、1ヵ月に5GBも消費しない思うので十分でしょう。むしろ他に使えるので、ポケモンGOをプレイしない人にも最適なプランです。

β版はいつまで使えるのか?

正式版のリリースは今秋となっているだけで、正確な日時は決まっていません。

予約まで受け付けて、リリース日が決まらないのは、ポケモンGOのデータだけ選り分けてカウントしないシステム構築に時間がかかっているためです。

今後のロードマップは以下のようになっています。

dti-sim-nocount-roadmap

8月2日からβ版を開始して、正式版がリリースされると、案内メールが届くので、内容に従って、正式版への移行手続きをすることになります。

正式版への移行手続きをしないと、自動的に通常の5GBプランになってしまうので注意です。通常プランから、DTI SIM ノーカウントへのプラン変更は可能です。

ただし、音声プランからデータプランに変更すると、契約解除料9,800円(税抜)を請求されるので注意です。

モバイルバッテリーをプレゼント

dti-sim-mobilebattery

音声プランの契約者に限り2,000mAh相当のモバイルバッテリーがプレゼントされます。

届くのは、DTI SIM 音声プランノーカウントβの利用を開始してから1ヵ月後です。

ポケモンGOは、バッテリーをもりもり消費する厄介なゲームアプリなので、モバイルバッテリーがバカ売れしているという話も聞きます。

ノーカウントの正式開始が遅れているお詫びとしてか無料でモバイルバッテリーが貰えるのは良い配慮ですね。

ただ、5,000mAh以上が2千円程度で売っている事を考えると、2,000mAhは少ないです。

チャージする際に3割ほどロスするため、実際に使えるのは、せいぜい1,400mAhくらいなので、うっかりポケモンGOで使い切っても予備があるので安心くらいの感じで利用するのには良いでしょう。

まとめ

ポケモンGOだけカウントしないシステム作りに手間取っているようですね。

その代わり、モバイルバッテリーを貰えたり、無料で自由に使える5GBが付いたり、むしろ開始が遅れてくれた方が得かもしれませんw

⇒ DTI SIMの総合解説