DTI SIMも通話定額「でんわかけ放題」を開始。データ無制限の「ネットつかい放題」も開始。

シェアする

dti-sim-denwakakehoudai

DTI SIMも月額780円(税抜)で1回5分以内なら回数無制限の通話定額「でんわかけ放題」を開始しました。国内の固定電話、携帯電話、IP電話、PHSに対してかけた場合に限ります。

DTI SIMの音声通話SIMを契約している人限定のオプションサービスになりますが、新規に契約する人は5月25日から、既存の契約者は6月上旬からオプションに追加されます。

また契約期間もそれにともなう解約手数料の必要ありません。

さらに10GBプランを廃止して、データ無制限の「ネット使い放題」に変更されます。

通話定額「でんわかけ放題」

MVNOでは既に楽天モバイルが同様の通話定額「5分かけ放題オプション」を提供しています。楽天モバイルの詳細情報ページ

しかし、こちらは850円(税抜)なのでDTI SIMの方が安いです。対抗してきたんでしょうね。

キャリアよりネット代が格安なMVNOの欠点は、通話定額がない事でした。電話をかけると、割高な携帯電話料金30秒20円がかかります。

そこでフレフィックス方式と言われる「楽天でんわ」や「DMMトーク」のような通話代が半額の30秒10円になるサービスも増えてきています。

それでも毎日何度も電話をかけると、何千円にもなりキャリアより安くなったスマホ料金の意味がなくなります。

仕方ないから、音声品質が劣るけどIP電話を活用するとか、無料通話のキャリアを使っている人にかけてもらうなど不便をしている人もいると思います。

そこに楽天モバイルが通話定額を導入してきた事で、各社通話代をどうするか模索する中、DTI SIMがさっそく追随しましたね。

データ無制限の「ネットつかい放題」

さらにDTI SIMは、10GBプランを廃止してデータ無制限の「ネット使い放題」を5月25日より開始します。従来の10GBプラン利用者は、26日から自動的に「ネット使い放題プラン」に変更されます。

「ネット使い放題」の月額基本料金は、ネット専用のデータSIMが2,200円、SMS機能付きデータSIMが2,350円、電話も使える音声通話SIMが2,900円になります。

データ無制限プランというと通信制限が気になりますが、この規制も変更になっています。

今までは、3日間に3GB以上のデータ通信量を消費すると、低速通信の200kbpsまで落とされていました。

今後は、1日に著しく使い過ぎる場合のみ速度制限が課され、翌日には解除されます。

月額料金が半年間無料になるキャンペーンも

既に開始されている「どっちもおトク! キャンペーン」ですが、2016年4月4日~2016年6月30日までに対象サービスを申し込むと、月額基本料金が半年間だけ980円の割引きもしくは無料になります。

3GBプラン「ちょぴっと派」は、データSIM、SMS付きデータSIM、音声通話SIMの全てのSIMが半年間だけ無料になります。

ネット使い放題プラン「たっぷり派」は、980円割引きされて半年間、データSIMが1,220円、SMS付きデータSIMが1,370円、音声通話SIMが1,920円になります。

追記:本キャンペーンは終了しましたが、新たに半年無料プランを開始しました。キャンペーンではなく、基本プランとして半年間無料になります。

まとめ

電話代が気になってMVNOに移れない人も多かったと思いますが、キャリア並みの通話定額を導入する事業者が増えてきた事で懸念がなくなりますね。

通話定額オプションに加入しても、2千円程度でスマホが利用できるのは本当に安いです。

6月30日までに契約すれば、3GBプランなら半年無料になるので急いで申し込みましょう。

DTI SIMの詳細情報ページ