「AXON mini」3つの生体認証機能を搭載したセキュアなSIMフリースマホを紹介

シェアする

ZTE AXON mini

ZTEジャパンから、SIMフリースマートフォン「AXON mini」(アクソンミニ)が12月25日に発売されます。価格は3万9,800円(税抜)です。

追記:2016年4月8日に3万4,800円に値下げしました。

AXON mini

メーカー ZTE
機種名 AXON mini
  zte-axon-mini--both-faces
価格 34,800円
OS Android5.1
画面サイズ 5.2インチ有機EL(AMOLED)
解像度 1920×1080
CPU Qualcomm Snapdragon615 オクタコア1.5GHz
RAM/ROM 3GB/32GB
外側/内側カメラ 1300万/800万画素
バッテリー容量 2800mAh
高さ×幅×厚み 143.5×70×7.9mm
本体重量 132g
対応バンド 3G:1/6/19 LTE:1/3/19
SIMサイズ nano
外部メモリ microSD/microSDHC/microSDXC(最大128GB)
Wi-Fi IEEE802.11/b/g/n/ac
カラー イオンゴールド /クロームシルバー
その他 Bluetooth 4.1/テザリング/microUSB/3種類の生体認証

性能

SoCがSnapdragon615で、CPUはオクタコア1.5GHz、ストレージが32GB、メインメモリが3GBといずれもミドルスペックの中では上位の性能です。

ディスプレイ

ディスプレイには、5.2インのフルHD有機ELを採用しています。有機ELはアクティブマトリクス方式(AMOLED)で画素ごとに発光の制御をおこなっているので、パッシブマトリクス方式と比べて滲みが発生せず、高画質で残像も少ないです。反面、輝度が少なく屋外で見えにくいといった欠点がありますが、「AXON mini」は、操作に影響するほどではないようです。

カメラ

カメラは、1300万/800万画素とメイン、サブ共に高画素、0.1秒の高速オートフォーカス、F値2.0の明るいレンズを搭載しているので、素早く綺麗な撮影が可能だと思います。

オーディオ

ハイレゾ音源に対応しています。旭化成エレクトロニクス(AKM)製のオーディオチップAKM4961を採用して、ハイレゾ音源(192KHz/24bits)をCD(44.1KHz/16bits)の4倍の
クオリティで再生できるようです。ただし、ハイレゾ対応のヘッドホンやイヤホンが必要なので別途購入する必要があります。

生体認証機能

そして「AXON mini」最大の売りは、「指紋認証」、「音声認証」、「眼セキュリティ認証」といった3種類の生体認証機能です。

AXON mini-seitaininshou

「指紋認証」は、本体背面にカメラレンズの下に配置された指紋認証センサーに触れると登録者を判別してロック解除やアクセス認証に使えます。最大5つの指紋を登録できるので、指の角度を変えるなどして登録すると判別されやすくなります。

「音声認証」は、音声を登録してロック解除に利用出来ます。

「眼セキュリティ認証」は、前面カメラで眼の静脈パターンを読み取って、アプリのロックや個人データ等へのアクセスに利用出来ます。虹彩認証のように専用の赤外線カメラを必要とせず前面カメラで撮影・認証をするので信頼度は少し気になります。

一通り利用できるのは、「指紋認証」だけですが、他の生体認証も補助的な使い方をすると面白いと思います。

まとめ

スナドラ615、メインメモリ3GBとミドルクラスでは性能が良い方です。また画面が5インチオーバーでありながら、重量が132gというのはかなり軽いです。有機ELを搭載した高画質、高性能、軽量、指紋認証もあって使いやすいスマートフォンでしょうね。