自撮りカメラに1300万画素を採用した「ZenFone Selfie」登場!

シェアする

ZenfoneSelfie

ASUSから、前面カメラに1300万画素と高解像度を採用した「ZenFone Selfie」が発売されました。

機種名に付いている「Selfie」(セルフィー)は、自分を被写体として撮影する事です。1000万オーバーの高画質カメラで自分を綺麗に撮影しようというコンセプトなわけですね。

大抵のスマートフォンは、背面のメインとなるカメラが高解像度で、前面の自撮り用のカメラは低解像度です。

しかし、最近は自撮り棒が流行ったり、SNSなどに自分の写真をアップして楽しむ人たちが増えました。

スマホ画面の解像度が上がった事で、低画質の写真では荒く見えてしまいがっかりする事もあります。「ZenFone Selfie」もフルHDなので高画質ディスプレイですからね。

そんな理由もあり、前面カメラも高解像度化したスマホが増え始めているようですが、「ZenFone Selfie」は、メインカメラと同じメガ画素クラスの高性能なものを搭載してきました。

1300万画素もあれば、フルHD以上のディスプレイいっぱいに表示しても綺麗に見えるでしょう。

ZenFoneシリーズの比較

メーカー ASUS ASUS ASUS
機種名 ZenFone2 laser ZenFone2 ZenFone Selfie
zenfone2-laser-front zenfone2-front zenfone-selfie-front
価格(税抜) 22,800円 36,000円
50,800円
37,800円
OS Android5.0.2 Android5.0 Android5.0
画面サイズ 5インチ IPS液晶 5.5インチ IPS液晶 5.5インチ IPS液晶
解像度 1280×720 1920×1080 1920×1080 
CPU Qualcomm
Snapdragon410
クアッドコア1.2GHz
Intel Atom
Z3560 クアッドコア1.8GHz Z3580 クアッドコア2.33GHz
Qualcomm
Snapdragon615
オクタコア1.5GHz
RAM/ROM 2GB/16GB 2GB/32GB
4GB/64GB
2GB/16GB
外側/内側カメラ 1300万/500万画素 1300万/500万画素 1300万/1300万画素 
バッテリー容量 2400mAh 3000mAh 3000mAh 
高さ×幅×厚み 143.7×71.5×10.5mm 152.5×77.2×10.9mm 156.5×77.2×10.8mm 
本体重量 145g 170g 170g 
対応バンド  3G:1/5/6/8/19
LTE:1/3/5/7/8/19/28
3G:1/2/5/6/8
LTE:1/2/3/4/5/6/8/9/18/19/28
3G:1/2/5/6/8/19
LTE:1/2/3/5/6/8/9/18/19/28

性能

SoCはSnapdragon615で、CPUはオクタコア1.5GHzです。

処理性能は、「ZenFone2」 >「 ZenFone Selfie」 > 「ZenFone2 laser」の順です。

「ZenFone2 laser」と同じSnapdragonのミドルエンドクラスなので、ストレスなくサクサク使えるようになっています。

ストレージは16GB、メインメモリは2GBなので少し物足りないです。「ZenFone2」の方が快適に使えそうです。

ディスプレイ

5.5型フルHDのIPS液晶を採用しているので、視野角や良く色鮮やかで高画質です。サイズが大きいので見やすいのもポイントが高いです。

また、コーニング社のゴリラガラス4を搭載しているので、衝撃や磨耗に対する耐久性が高いのも特徴です。

落としても少々の衝撃では割れないので助かりますが、何度も落とすとダメージが蓄積されて割れる事もあるので、過信は禁物です。

サイズが大きくて持ちづらく落とす可能性も高いので、ケースや保護シートを利用するとより安心して使えると思います。

カメラ

「ZenFone2」と「ZenFone2 laser」は、アウトカメラ1300万、インカメラ500万画素とSIMフリーの中では高画素ですが、「 ZenFone Selfie」 はさらにインカメラを1300万画素とアウトカメラと同じ画素数になっています。

インカメラは、自撮り用として使われるので、SNSやブログに上げたり、自撮り棒を使った撮影も綺麗です。

一番古い機種である「ZenFone2」にないレーザーオートフォーカス機能もあるので、カメラ撮影を意識すると「ZenFone Selfie」の方が良いですね。

デザイン

本体カラーは、ホワイト、ピンク、アクアブルーのパステル調です。セルフィーに多い女性を意識しているのでしょう。

サイズは、「ZenFone2」より高さが4ミリ程度長いですが、重さも含めてほぼ同じくらいです。

狭額縁でギリギリまで小さくしていますが、それでも5.5インチは少し大きく、手が小さい人は「ZenFone2 laser」より使いづらいかもしれません。

対応周波数

3G:1/2/5/6/8/19、LTE:1/2/3/5/6/8/9/18/19/28に対応しています。

3Gはドコモのプラスエリア、LTEは、ドコモのプラチナエリアに対応しているので、ドコモ回線がほとんどのMVNOでは使いやすいようです。

au回線は、CDMA2000にもVoLTEにも対応していないので、携帯電話に利用できないので気を付けましょう。

まとめ

CPUやディスプレイサイズ、解像度が上がった事で「ZenFone2 laser」の上位スペック版という感じですね。

さらにカメラ性能もインカメラが強化されたので、自撮りが捗ります。

しかし値段が微妙に高いので、コスパは「ZenFone2 laser」、性能では「ZenFone2」になるでしょう。

「 ZenFone Selfie」の価値は、パステル調のカラーデザイン、インカメラ性能、ディスプレイ画質、CPUスペックなどトータルで判断することになりますね。