「HUAWEI Mate S」ハイエンドクラスの性能を持つSIMフリースマホを紹介

シェアする

img_con_jp_mp_list_banner

HUAWEIのフラッグシップSIMフリースマートフォン「Mate S」の紹介です。

廉価機から高級機まで幅広いSIMフリースマホを販売しているHUAWEI社のフラッグシップモデルなので、性能も価格も高くなっています。

HUAWEI Mate S

スペック表

メーカー HUAWEI
機種名 Mate S
  huawei-mates-both-faces
価格(税抜) 79.800円
OS Android5.1
画面サイズ 5.5インチ有機EL(AMOLED)/Corning Gorilla Glass4
解像度 1920×1080
CPU Hisilicon Kirin 935 オクタコア2.2GHz+1.5GHz
RAM/ROM 3GB/32GB
外側/内側カメラ 1300万(F値2.0)/800万画素
バッテリー容量 2700mAh
連続待受時間 4G:440時間 3G:483時間
連続通話時間 3G:14時間
高さ×幅×厚み 149.8×75.3×7.2mm
本体重量 156g
対応バンド 3G:1/2/4/5/6/8/19 LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28
SIMサイズ nano
外部メモリ microSD/microSDHC/microSDXC(最大128GB)
Wi-Fi 802.11b/g/n
本体カラー ミスティークシャンパン/チタニウムグレー/ローズゴールド
その他 GPS/AGPS/Glonass/Beidou/加速度/コンパス/ジャイロ/環境光/近接/HALL/指紋センサー

性能

SoCは、「Hisilicon Kirin 935」と他のスマホでは見られないチップセットですが、高性能なオクタコアCPUを搭載しています。

ストレージは32GB、メインメモリ3GB、一般的にミドルクラスには2GBが多く余裕がありるので、アプリを複数起動しても重くなりにくいです。

ディスプレイ

mates-display

5.5型フルHDの高精細大画面で綺麗で見やすい画面です。

アクティブマトリクス有機EL(AMOLED)を搭載しているので、コントラストが高く色鮮やかで残像にも強いので、写真や動画の閲覧に向いています。

ディスプレイには、2.5Dディスプレイといってエッジ部分がラウンド加工されています。

また、コーニング社のゴリラガラス4を使用することで、衝撃や磨耗に強く高い耐久性があります。

カメラ

mates-camera

メインカメラは1300万画素、サブカメラは800万画素。サブカメラ800万画素は、サブとしては高い画素数で、ソフトLEDフラッシュも搭載もあり、メインカメラ並みの画質で自撮りが可能です。

メインカメラには、F値2.0の明るいレンズを採用しています。光学手ぶれ補正、2色フラッシュ、RGBWとホワイトを加えた4色イメージセンサーを搭載しているので、暗所でもクリアな写真を撮影できます。

またサファイア製のレンズプロテクターは、レンズを傷から守ってくれるだけでなく、多くの光を取り入れて明るく鮮明な撮影が可能なようです。

指紋センサー

mates-shimon

背面に指紋センサーを搭載することで、セキュリティが向上する指紋認証2.0に対応しています。ロック解除だけでなく、長い押しする事で電話に出たり、写真を撮ったり、ギャラリーにアクセスしたり出来ます。

セキュリティと操作性を同時に向上させる便利な機能です。

ナックルセンスで素早い操作

mates-knock

画面を指先ではなく、指関節部分で叩いて操作する独特の機能です。

指関節でノックしたり、アルファベットを描いたりすると、画面を静止画や動画でキャプチャー出来たり、アプリを起動できて便利です。誤動作が気になりますが。

対応バンド

3Gは1/2/4/5/6/8/19、LTEは1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28と多くのバンドに対応しています。

ドコモのFOMAプラスエリア(Band6)とプラチナバンド(Band619)に対応して繋がりやすさに問題はないと思います。しかしauの電話には対応していないので注意です。

マイク

mates-mike

本体の上下に3つもマイクを搭載して音を拾いやすくなっています。ノイズをカットする機能もあるのでクリアな録音や電話が可能です。

まとめ

8万円もする高級機ですが、大画面高画質な有機ELディスプレイに高画質撮影できるカメラ、指紋センサーとそれに見合うだけのスペックを備えています。

しかし国産機にあるような防水、おサイフケータイ、ワンセグ/フルセグはありません。日本特有のガラパゴス機能は必要ないという人は7万円切るくらいになると買いですね。

Mate Sを取り扱っているMVNO

⇒ 楽天モバイルの総合解説

⇒ U-mobileの総合解説