「ぷららモバイルLTE」は、少し速い通信が無制限で使える格安スマホです!

シェアする

ぷららモバイルLTE」は、NTTぷららが運営するプロバイダ(ISP)の「ぷらら」が展開しているモバイルサービスです。

NTTグループの強みを生かして、高速通信の「Xi」(クロッシィ)とFOMAの両エリアに対応している安定性があります。

プラン内容は、110MB/日(30日換算で3.3GB)と7GB/月がメインとなっていて、需要の多い3GB/月はありませんが、3Mbpsの速度で無制限プランがあります。

光テレビエントリープランを無料で利用できるのも面白いですね。

ぷららモバイルLTEの基本情報

最安プラン 900円(データSIM、110MB/日)
7GBプラン 2,586円(通話SIM)
回線 NTTドコモ
ターボ機能
データ繰り越し
格安通話
シェアSIM
解約手数料 通話SIM(6ヶ月間、8,000円)
支払い方法 クレジットカード・口座振替可能な場合あり

通話SIMの契約期間は、利用開始月の翌月から6ヵ月間と短いです。

ぷららモバイルLTEのSIMプラン詳細

ぷららモバイルLTEの料金表

  データSIM 通話SIM 通信速度
SMSなし SMSあり
定額ライト(110MB/日) 900円 1,050円 1,600円 150Mbps
定額(7GB/月) 1,886円 2,036円 2,586円 150Mbps
定額無制限 2,760円 2,910円 3,460円  3Mbps
二段階定額 100MB/日 362円~
2,362円
512円~
2,512円
 – 150Mbps

※初期費用として、開通手数料3,000円が必要。

その他の料金
事務手数料 3,000円
SIMカード再発行手数料 3,000円
MNP転出手数料 3,000円
特典
ひかりTV エントリープラン 無料
ネットバリアベーシック 無料

※価格は税抜きです。

「ぷららモバイルLTE」のプラン解説

110MB/日は、30日あたりだと3.3GB相当なので、1ヵ月通して平均的に使いたい人は、早々に使い過ぎてしまうことがなくなり計画的に利用できます。

二段階定額は、1か月の利用データ容量が30.5MBまで362円、30.5MBを超えたら2,362円です。スマホの回線を使ったネットの利用がメールくらいの人は、362円と超低額で利用できます。うっかり超えてしまうと料金が跳ね上がるので微妙なプランですが。

定額無制限プランは、通信速度3Mbpsながら、データ容量無制限です。よほど大きなデータをダウンロードしない限り困る事のない速度なので、容量を気にせず動画を見まくりたい人や、スマホをテザリングで常用したい人には最適なプランです。

容量に制限のあるプランだと超過した場合、期間内は200Kbps以下の低速通信になりますが、この無制限プランだと、期間内ずっと3Mbpsとそれなりの速度を保って利用できます。

他の会社だと無制限でも、200Kbpsや500Kbpsです。およそ6倍~15倍の速度なので、よほど大容量のデータや動画を利用しない限りストレスなく、容量を気にしないで、固定の少し遅いインターネット感覚で利用できると思います。

ぷらら光とセット割

ぷらら光とぷららモバイルLTEの指定プランをセットで加入すると、「ぷららモバイルLTEセット割」が適用され、月額料金から1回線につき200円、最大5回線まで割引きされます。

ぷららモバイルLTEの指定プランは、

  • 定額ライトプラン音声通話プラス
  • 定額(7GB)プラン音声通話プラス
  • 定額無制限プラン音声通話プラス

データプランと、二段階定額プランはセット割の対象外のようです。

ぷららモバイルLTEの解約方法

マイページ内の「利用状況照会」から解約手続きを行います。

解約手続完了後に、ぷららから解約手続完了メールが届きます。メールが届いていないと解約できていない可能性があるので、確認をしてください。

ぷららモバイルLTEは、音声通話SIMでも半年で解約できるので、不満があったり、他社に移りたければ、早めに行動できるのは利点ですね。

ぷららモバイルLTEの評価

3Mbpsで無制限にネットを利用できるプランが気になります。

高画質動画やゲームアプリを速くダウンロードしたい時以外なら問題ない速度なので、普段使いなら容量も速度も気にせずネットを出来るのは良いですね。

通話SIMで約3,700円は、それでもキャリアより安いので、ネットを使いまくってる人は一考の価値があるかもしれません。

しかし、現在はモバイル事業にあまり力を入れていないようなので、料金やサービスの向上は期待できないです。スタンダートな3GBや割安な1GB以下などもありません。

二段階定額が安く使えそうですが、ターボ機能もないので、常時Wi-Fiに繋いでないと、結局使い過ぎてしまいます。

使い勝手や将来性を考えても現状では、お勧めできる格安SIMではないようです。

ぷららモバイルLTE 公式サイト

関連:データ無制限のあるMVNO

UQ mobile

通信速度500kbpsですが、最も安くデータ無制限が利用できます。

UQ mobileの総合解説

b-mobile

高速通信を無制限を安く利用できます。だたし、利用状況によっては、速度規制される事があります。

b-mobileの総合解説

DTI SIM

高速通信を無制限に安く快適に利用できます。通信制限も厳しくないです。

DTI SIMの総合解説

U-mobile

高速通信を無制限で快適に利用できます。通信制限も過度に利用すると規制される可能性があるくらいです。

U-mobileの総合解説