mineoはユーザー同士でパケットを共有出来る「フリータンク」をスタート

シェアする

mineo-freetank

「mineo」は余ったパケット(通信データ容量)をユーザー同士でシェアし合えるサービス「フリータンク」を12月17日から開始します。

このサービスは、コミュニティサイト「マイネ王」を通して、残っているパケットをフリータンクに受け渡したり、フリータンクからパケットを貰ったり出来ます。

受け渡すパケットは10GBまで、タイミングや回数に制限はありません。

受け取れるパケットは、月に2回で合計1GBまで、タイミングは毎月21日~月末日まで。

「マイネ王」は、mineoユーザー同士の交流サイトで、登録は無料になっています。

「mineo」では、家族間でパケットをシェア出来る「パケットシェア」や登録しているユーザー同士でパケットをプレゼント出来る「パケットギフト」といったパケットシェアサービスを行っていました。

新たに始まる「フリータンク」は、全国の見知らぬユーザー同士でパケットをシェア出来るサービスです。

「mineo」では、余ったパケットを翌月に持ち越せますが、翌々月までは持ち越せなず使い切れなかった分は消滅していました。この消滅しそうなパケットを共有しようという他の通信会社にはないユーザー寄りのサービスです。

この他、「マイネ王」で他人のコメントに対して、「いいね」感覚でパケットをプレゼントする機能「チップ」も導入。プレゼント出来るパケットは、1回に付き10MBで回数に制限はないです。mineo-chip

運営も含めたユーザー同士の交流に「mineo」ほど力を入れいる通信会社は他にありません。「フリータンク」も含めたパケットシェアは、会社にとっては損をする可能性もあるサービスですが、それだけユーザー寄りのサービスを行っていると言う事でしょうね。

「mineo」は、ドコモとau回線のふたつの回線を使える唯一の携帯電話会社です。手持ちのスマホが、どちらに対応したものでも利用出来るので、スマホを買いなおす必要がありません。

通信容量500MBが700円と、ネットは最低限できれば良いという人には他社より低価格で利用できるプランがあります。

逆に通信容量10GBの大容量プランもあるので、ヘビーユーザーにもお薦めできます。

ターボ機能やデータ繰り越しがあるのでデータの節約もしやすいです。あまったらフリータンクやその他のパケットシェアに回せるので無駄がないですね。

IP電話の「LaLa Call(ララコール)」を使えば電話代も節約できるので、機能や料金、サポートと隙のない「格安スマホ」として人気があります。

mineoの総合解説はこちら