業界最安値の神プランを目玉にMVNO「ロケットモバイル」登場

シェアする

rocketmobile-top

株式会社エコノミカルは、業界最安値298円(税抜)の「神プラン」を目玉に、携帯通信事業MVNO「ロケットモバイル」のサービスを5月16日より開始しました。MVNEは、ソネットです。

まずはデータSIMからスタートして、音声通話SIMは7月に登場する予定です。

群雄割拠の格安スマホ界に、また新しいMVNOが誕生しましたね。

格安スマホが一般化しつつある今から参入するのには何か強みがないといけませんが、「ロケットモバイル」は、DMM mobileを超える最安値プランで挑むようです。

ロケットモバイルの基本情報

最安プラン 298円(データSIM、低速)
3GBプラン 1,400円(通話SIM)
回線 NTTドコモ
ターボ機能
データ繰り越し あり
格安通話
シェアSIM
解約手数料 通話SIM(12ヶ月間、9,500円)
支払い方法 クレジットカード

ロケットモバイルのプラン詳細

各種料金表

月額料金表
データプラン SMS付データプラン 通話プラン 3日間の通信制限 通信速度
神プラン 298円 448円 948円 200kbps
1GBプラン 590円 740円 1,250円 360MB 下り225kbps
上り50kbps
2GBプラン 690円 840円 1,300円 360MB
3GBプラン 840円 990円 1,400円 500MB
5GBプラン 1,200円 1,350円 1,800円 800MB
7GBプラン 1,850円 2,000円 2,400円 1GB

※利用開始月の月額料金は無料。

その他の料金
登録事務手数料 3,000円
SIMカード切替手数料
SIMカード有償交換手数料
SIMカード損害金
3,000円

※料金は税抜きです。

音声通話プランもスタート(7月25日追記)

7月25日に音声通話プランの提供を開始しました。

最低利用期間は12ヶ月で、解約金は9,500円になります。

神プラン 1GBプラン 2GBプラン 3GBプラン 5GBプラン 7GBプラン
948円 1,250円 1,300円 1,400円 1,800円 2,400円

※料金は税抜きです。

データプランにプラスされる料金は、神プランがに650円、1GBプランが660円、2GBプランが710円、3GBプランが円、5GBプランが600円、7GBプランが550円になっています。

電話機能の料金が統一されていないのは、DMM mobileなどを意識してギリギリに設定したからだと思います。

また、話し放題プランや、プレフィックス電話、大容量プラン、家族割なども予定しています。

業界最安値のDMM mobileと料金を比較

データプランの比較
ロケットモバイル DMM mobile
200kbps無制限 298円 440円
1GB 590円 480円
2GB 690円 770円
3GB 840円 850円
5GB 1,200円 1,210円
7GB 1,850円 1,860円

SMS機能付はどちらも150円プラスです。

またロケットモバイルの音声通話SIMは、7月からスタートするので、データSIMだけを比較しています。

追記:7月25日に音声通話SIMの提供も開始しました。

通話プランの比較
  ロケットモバイル DMM mobile
200kbps無制限 948円 1,140円
1GB 1,250円 1,260円
2GB 1,300円 1,380円
3GB 1,400円 1,500円
5GB 1,800円 1,910円
7GB 2,400円 2,560円

通信速度が常時200kbpsの無制限と3GBと5GB、7GBの4プランで、ロケットモバイルの方が安くなっています。

データプランは、1GB以外、通話プランは全てDMM mobileより安くなっています。

特に「神プラン」と命名している200kbps無制限は、最も安くスマホが使えるプランです。

低速度ですが、ネットラジオや音楽配信、軽いゲーム、テキストベースのWebサイトやtwitter、LIEN、メールなら問題なく利用できます。動画やアプリのダウンロードはWi-Fiで補えばそれ程不便ではないです。

他にも気になる点があります。

現状、クレジットカード支払いのみとなります。今後はさまざまなお支払い方法の拡充を予定しております。

とあるので、口座振替やコンビニ払いやデビットカード払いにも対応するのでしょうか?

ロケットモバイルプレミアム Suppoted by U-mobile

rocket-mobile-suppoted-by-u-mobile

Suppoted by U-mobileは、高速データ通信1GB、3GB、7GBと10分×300回の無料通話がセットになったプランです。

2年間はデータ容量が2倍、1年目の月額基本料金は1,000円引きになっています。

データ容量 2年間のデータ容量 月額料金 1年目の月額料金
S 1GB 2GB 2,980円 1,980円
M 3GB 6GB 3,980円 2,980円
L 7GB 14GB 5,980円 4,980円

※料金は税抜きです。

名前の通りU-mobileがサポートするサービスですが、プラン内容的にはU-mobile SUPER同様にワイモバイルのサービスそのままだと思います。

また、端末のセット販売もおこなわれる。

「HTC Desire EYE」と「HTC Desire 626」の2機種で、分割払いの可能です。

rocket-mobile-sumaho

ポイントを貯めて月額料金を安く出来る

ロケモバポイントを貯めると1ポイント1円に換金して月額料金に当てることが出来ます。

最大まで貯めると月額料金を無料にすることも可能だとか。

ポイントの貯め方ですが、ゲームなど指定アプリのダウンロード、会員登録、アンケートに答えるなどです。

毎月、約5,000件以上の案件が配信されます。

iOS向け約80アプリ、Android向け約100アプリ、無料広告(会員登録、資料請求、無料カード発券等)100件、有料会員登録・商品購入系200件、その他50件が、約10社のパートナーから配信されます。

ポイントを貯めて料金を割り引くサービスと言えば、NifMoが既におこなっています。

NifMo バリュープログラム」は、アプリのダウンロードや会員登録、アンケート以外にもネットショッピング、外食などでもポイントが貯まります。

2015年7月には、平均1,041円の還元が行なわれた実績があります。

ロケットモバイルでも同様のサービス内容になるのでしょうね。

まとめ

業界最安値のDMM mobileを上回る低料金はインパクトがあります。

しかし、DMM mobileもすぐに対応して最安値に改定すると思います。早くても6月から、もしくは、音声通話SIMが始まる7月以降になるかもしれませんが。

ロケモバポイントも面白いサービスです。

NifMoが先行しておこなっていますが、手間を惜しまない人なら激安でスマホを利用できるはずです。

ただ、今のところ機能面や具体的なサービスが不足しています。通信速度の評価もこれからです。

その点、現状では実績のある大手MVNOの方が安心できるので、しばらくは様子見ですかね。ちなみに社長の金野太一氏はあの光通信出身だそうです。

ロケットモバイル公式サイト

関連記事

  • ⇒ DMM mobile 
    DMM mobileには、ターボ機能やデータ繰り越しの他、バースト転送機能もあります。通話代が半額になるDMMトークなどサービスも充実しています。ロケットモバイルの登場で、業界最安値のプライドをどこまで貫くのか気になるところです。
  • ⇒ NifMo 
    ポイント還元と言えば、「NifMo バリュープログラム」です。最大4,800円安くなる機器セット割や、@nifty会員なら200円割り引きになるサービスもあります。なにより、老舗のニフティが運営している安心感は強いですね。