ZTE「BLADE V580」指紋センサーを搭載して3万円を切る価格のSIMフリースマホを紹介

シェアする

ZTE BLADE V580

ZTEからミドルスペックのSIMフリースマートフォン「BLADE V580」を3月28日に発売します。価格は27,800円(税別)です。

3万円を切る価格としては、スペックが高く指紋センサーも搭載しているので注目です。

ZTE BLADE V580

スペック表

メーカー ZTE
機種名 BLADE V580
zte-blade-v580-both-faces
価格 27,800円
OS Android5.1 Lollipop
画面サイズ 5.5インチ液晶
解像度 1980×1080
CPU MT6753 オクタコア 1.3GHz
RAM/ROM 2GB/16GB
外側/内側カメラ 1300万/500万画素
バッテリー容量 3000mAh(着脱可能)
連続待受時間 約600時間
連続通話時間 約30時間
高さ×幅×厚み 155.3×77.2×8.6mm
本体重量 165g
対応バンド 3G:1/6/8/19 LTE:1/3/8/19 GSM: 1900/1800/900/850MHz
SIMサイズ nano
外部メモリ microSD(最大32GB)
Wi-Fi IEEE802.11/b/g/n
カラー シルバー/ホワイト
その他 GPS/AGPS/コンパス/加速度センサー/ジャイロセンサー/照度センサー/
指紋センサー/Bluetooth 4.0/テザリング/microUSB

性能

SoCはMediaTek(メディアテック)社のMT6753、CPUはオクタコア1.3GHzですが、スナドラ615程度の性能があり高性能です。

ストレージは2GB、メインメモリは16GBと一般的なミドルレンジと同じです。

画面

5.5インチの大画面でフルHD液晶なので精細で見やすいです。またオクタコアCPUを搭載しているのでフルHDでももたつかずに表示されるでしょう。

カメラ

カメラはメインが1300万画素、サブが500万画素とどちらも高画素なので精細な写真を撮影できるでしょう。

バッテリーは、3000mAhと大容量なので電池持ちが良いです。またバッテリーの着脱できるので、交換して長く使うことが出来ると思います。

指紋センサー

そして「BLADE V580」最大の売りは、背面に指紋センサーを搭載している事でしょう。3万円以下の価格帯で指紋認証を搭載しているスマホはあまりないのでセキュリティーを重要視している人は選択肢に入るでしょうね。

bladev580-shimon

対応バンド

対応バンドは、3Gが1/6/8/19、LTEが1/3/8/19です。

ドコモのプラスエリアとプラチナバンドに対応しているので、MVNOで使うのには何の問題もないでしょう。ただし、auの3GにもVoLTEには対応していないので、au回線を使うUQ mobileでは使えません。

その他

スロット1はnanoSIM専用、スロット2はnanoSIMとmicroSDのどちらかに対応しています。両スロットにSIMカードを入れて使う場合、片方はGSM回線専用になります。

ドコモやソフトバンクのW-CDMA、auのCDMA2000のSIMカードをふたつ入れて使うことは出来ないので注意してください。

GSMは、2Gで通信状態は3Gと比べて良くないですが、日本や韓国以外の地域では一般的に広く利用されています。海外旅行先で、日本のSIMカードを外さなくても現地のプリペイドSIMを入れて利用できるので便利です。

まとめ

5.5インチ・フルHD・オクタコアCPU・1300万画素カメラとミドルスペックでも少し高い性能で3,000mAhのバッテリーと指紋センサー搭載で3万円を切るコスパの高いスマートフォンですね。