「AQUOS mini SH-M03」4.7型コンパクト高性能スマートフォンの紹介

シェアする

aquos-mini-sh-m03-top

SHARPのSIMフリースマホ「AQUOS mini SH-M03」の紹介です。発売は7月下旬。

5インチオーバーの大画面が増えている中、4.7インチのコンパクト軽量になってます。高性能なCPUや防水防塵、おサイフケータイ、ワンセグ付きと全部入りの贅沢な作り。

ちょっと良いです。

AQUOS mini SH-M03

スペック表

メーカー SHARP
機種名 AQUOS mini SH-M03
  AQUOS mini SH-M03-img
価格(税抜) 4万9800円
OS Android6.0
画面サイズ 4.7インチ IGZO液晶 S-PureLED
解像度 1920×1080
CPU Qualcomm Snapdragon808 ヘキサコア1.8GHz×2+1.4GHz×4
RAM/ROM 3GB/16GB
外側/内側カメラ 1310万/500万画素
バッテリー容量 2810mAh
充電時間 約250分
連続待受時間 3G:約510時間 LTE:約460時間
連続通話時間  3G:約870分 VoLTE:約1,150分
高さ×幅×厚み 126×66×8.9~9.0mm
本体重量 120g
対応バンド 3G:1/5/6/19: LTE:1/3/19
SIMサイズ nano
外部メモリ microSD/microSDHC/microSDXC(最大200GB)
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
カラー ブラック/レッド
その他 防水・防塵/GPS/ワンセグ/おサイフケータイ/伝言メモ/ハイレゾ/Bluetooth4.1/VoLTE

性能

SoCはSnapdragon808、CPUはヘキサコア1.8GHz+1.4GHzです。スナドラ800番台を搭載したSIMフリーは少なく高性能志向の人には貴重です。

メインメモリは3GB、ストレージは16GBです。メインメモリは3GBとフルHDハイスペックを扱うのに必要なサイズを採用しています。ストレージ不足は最大200GBまで対応したSDカードで補えます。

ディスプレイ

4.7インチ IGZO液晶 S-PureLED、1920×1080フルHDディスプレイを搭載しています。4インチ台でフルHDはかなり高精細です。

IGZOは、開口率が高く、静止画像時の書き換え回数が少ないため、消費電力が少ないのが特徴です。

さらに独自のバックライトとカラーフィルターを搭載したS-PureLEDにより、赤や緑の色をより鮮やかに再現してくれます。

液晶は残像の多さが欠点ですが、本機は通常の60Hzから、2倍の120Hz駆動に対応する事で、スムーズで残像感の少なく見やすい動画を再生できるようになっています。

aquos-mini-sh-m03-120hz

その他、横から画面を見づらくする「のぞき見ブロック(ベールビュー)モード」や、ディスプレイのちらつきを抑える「リラックス画質モード」などを搭載しています。

カメラ

アウトカメラが1310万画素、インカメラが500万画素と必要十分な画像数です。

アウトカメラは、F値1.9の明るいレンズを使用、さらに光学手ブレ補正やリアルタイムHDRにより、ブレを抑えたくっきり鮮やかな撮影が可能です。

インカメラは、画角約83度の広角レンズで、友人などと一緒に撮影しても見切れることがなく綺麗に撮影できます。

背景ぼかしモードで一眼レフのような雰囲気のある撮影も可能。

この他、4K動画やタイムラプスの撮影にも対応しています。120fpsでの撮影も可能なので、120Hz駆動のモニターでリアル120fps動画を視聴することも出来ます。

aquos-mini-sh-m03-cameramode

デザイン

画面が4.7インチという事で、縦が126mm、幅が66mmとコンパクトになっています。女性など手の小さい人でも片手で操作しやすく、ズボンや胸ポケットにも収まりやすいサイズです。

aquos-mini-sh-m03-handy

対応バンド

3Gが1/5/6/19、 LTEが1/3/19です。

ドコモのFOMAプラスエリアとプラチナバンドに対応しています。VoLTEにも対応しているので、au系でも使える貴重な1台です。しかし対応バンドがちょっと少ないです。au回線がBand1だけで、特にプラチナバンドに対応していない点が気になる人もいるでしょう。

スマホの対応周波数について解説

その他

防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)に対応しています。

専用のイヤホンやヘッドホン、スピーカが必要ですが、CDより高音質なハイレゾに対応しています。

録画も可能なワンセグに対応しています。ネットが繋がりにく時や、通信容量を節約したい時の暇つぶしにも利用できます。

また、モバイルSuicaやnanacoに対応したおサイフケータイも搭載しているので、鉄道機関などを日常的に利用する人には便利です。

aquos-mini-sh-m03-felica

AQUOS mini SH-M03取り扱いMVNO

楽天モバイル

一括払い:49,800円(税抜)

分割払い:2,241円×24ヶ月(税込)

⇒ 楽天モバイルの総合解説

OCN モバイル ONE

一括払い:49,800円(税抜)

通常3,000円、AmazonのSIMパッケージでも400円くらいかかる初期費用がセットになった価格です。しかし、OCNモバイルONEと契約するかどうかは任意です。

⇒ OCN モバイル ONEの総合解説

まとめ

格安スマホで使うSIMフリーの中で、5万円は少々お高いですが、高性能なCPUや高画質なディスプレイ、さらに防水防塵、おサイフケータイにワンセグまで付いての価格であることを考えると十分にその価値はありそうです。

コンパクトで軽いと言う点も気になる人は多いのではないでしょうか。

Android6.0はOS側で指紋認証をサポートしているのに、搭載していない点だけは残念です。指紋センサーに慣れた人は、ない機種は考えられないくらい便利なんですよ。

とは言え、長く使えるスペックと機能が揃っているので5万円でも満足できそうです。