不通話期間が大幅に短くなる!U-mobileも自分でNMP転入手続きが可能に

シェアする

usen_slider

「U-mobile」は、契約者が自らMNP転入の手続きをおこなえるサービス「MNP届出方式」を11月9日より開始することを発表しました。

MNP」とは、携帯電話番号ポータビリティのことで、電話番号を他社にそのまま移行して利用できるシステムです。

従来方式では、契約手続き時にMNP予約番号を新しい携帯電話会社に伝える事で、事業者がMNP転入手続きをおこなっていました。

この方法だと、MNP転入手続きから、SIMカードが契約者の手元に届くまで、約3日間ほど電話が使えない事態が発生していため、数日も電話が使えないと困る人は、MNPで携帯電話会社を変えることに躊躇していました。

今回から始まる「MNP届出方式」では、契約後SIMカードが届いてから、契約者が自らオンライン上でMNP転入手続きをおこなうことが出来るようになります。

MNP転入手続きを済ませると、数時間程度でMNPが完了して新しいSIMカードを使って電話が使えるようになります。

手続きをおこなうまでは、今までのSIMカードを使って電話ができるので、電話を使わない時間帯などタイミングを見計らって手続きをおこなえば、困る事はないでしょう。

ちなみに、MNP転入をすると同時に、今まで利用していた携帯電話会社も自動的に解約になるので、わざわざ解約手続きをする必要はありません。むしろ解約手続きをすると、今までの電話番号が利用できなくなるので要注意です。

「U-mobile」は、音声通話付きの3GBプランが1,580円(税抜)と格安です。高速通信が無制限で利用できるLTE使い放題プランも2,980円(税抜)と安く利用出来ます。

特に高速通信無制限プランは、「格安スマホ」の中では最強クラスなので、ネットを使いまくりたい人にはお薦めです。

「MNP届出方式」の導入でMNPしやすくなったので、この機会に「U-mobile」を利用してみるのも良いかもしれませんね。

U-mobileの総合解説はこちら